FC2ブログ
<<09  2019,10/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
すべて海(夏の贈り物-1)
← クリックで拡大

初めて見たときから恋に落ちていた。

部屋の中が、水のイオンでいっぱいになる。
むきだしの腕も、髪も、頬も。
肩も。胸も。足も。

つつまれていく。絶え間ない流れ。
泳いでいく。進んでいく。
からだが軽くて、みずみずしくて。

部屋の空気が、すべて海。

水の波紋が、ぐんぐん大きくなって、
あふれそうに、こぼれそうに、
まわりながら、揺れる。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「ねぎらいの書展」 ~ さなぎ ~
CIMG5193_convert_20120306003654.jpg CIMG5186_convert_20120306003628.jpg

さなぎのようだ。

何か別の、たとえば真逆の、
もっと乱雑で、もっと突きぬけた、
もっと美しい、もっと進化した、
激しいエネルギーの息吹のようなものが、
ざわざわ、と均等に並べられたすきまの奥で、
ブレイクスルーを待って、
静かに呼吸しているような、
そんな気配。

もう始まっている。もう止められない。
羽化に向けて。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

まなざし ~林忠彦 上村淳之~


この一瞬を逃したくない
絶対にあきらめない

その答えが、目の前の刹那に
とまった時間の中を、
深く深くおりていくような、趣…

その根底に流れるまなざしに、共振していく

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

ベルギー絵本作家展 ~アーネストとセレスティーヌ~
CIMG4620_convert_20110820234408.jpg CIMG4622_convert_20110820234503.jpg

まっさらの鍵盤がある
まだ、押されたことのないキーが ずらりと並んでいる
絵本は楽譜

絵本を読むって、弾いてみることだ
おぼつかない指でも、ちゃんと鳴る
まだ押されたことのないキーを響かせ、
ゆっくりでも楽曲を奏でる
いっぽんのゆびから

絵本を読むって、そんな喜びだ

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

バムとケロ
CIMG4538_convert_20110723230228.jpg ← クリックで拡大

「伝える」って、アクションを起こさせることだ。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

風が吹いてくる ~クレー展 京都・岡崎~
CIMG4362_convert_20110513234244.jpg ← クリックで拡大


絵画作品を
切ったり貼ったりするなんて、
想像もできないけれど、
文章ならば、
常に切ったり貼ったりだ。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

秋の奈良雑感(正倉院展他)
CIMG3942_convert_20101101203801.jpg


語りかけてくるものがある。
とても、かすかなノックのように。

ただ、その時代に生きて、祈った、
多くの人たちの想いや、気配が、
層をなして、うずまいている。

地に。空に。風に。


続きを読む

テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

雨の興福寺北円堂
CIMG3934_convert_20101101203549.jpg  ←クリックで拡大 雨の北円堂


「よし、行ってこい」と無著。
「だいじょうぶだ」と世親。

こんな人たちに見おくってもらえたら、
どんな旅だちでも、大丈夫だと思える。

リセットだ。

来てよかった。
だいじょうぶ。
なんて力強いエールだろう。



続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

変わらないもの
CIMG3922_convert_20101023090249.jpg   ← クリックで拡大


びっくりすることに、ストロボなしなら、撮影OK。
(ほんまかー?) と思いながら、シャッターを押した。

カメラのレンズを通して、あまりにも近くに、挑んできた瞳。
その力強さに、どきどきした。
まなざしの、深すぎる迫力。

圧倒されて、動けなくなる。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

ボストン美術館展
CIMG3669_convert_20100817185920.jpg ← クリックで拡大 京都市美術館


ふっと、

呼吸のできる風が吹いてきたような、
はりつめた力を抜いていいような、
その前にずっと立っていていいような、
ぽっかりと表情がゆるむような、
安らかさを感じた。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

夜の美術館
← クリックで拡大 デジカメ買いました!


人のいない美術館って、大好きだ。
夜の美術館。
海と空が寄せてくる美術館。
しんしんと、ひたひたと。
大好きだ。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「興福寺北円堂」
← クリックで拡大

「アート三昧」のカテゴリは、美術展・博物展で
感動したことや、マイアートについて、つづって
ゆきたいと思います!

どのように観たらよいのかも、知識もなんにも
ないけれど、美術館や博物館に行くのが、好きで
す。

建造物や、仏像を観るのが好きです。
特に鎌倉時代。

画像は、2006年 奈良 興福寺 
国宝特別公開展のチケットです。

パソコンの奥に埋もれていたデータを、偶然、
ひらいて、びっくり! 

まだまだだ… と思っていた2010年は、
今年だったのです! 

やった! また北円堂に行ける!!

------------------------------

「興福寺北円堂」

おお、なんてパーフェクトな場所! 

こんなにすごいものばかり並んでいて、いいのでしょうか。
こんな空間がこの世にあったなんて! 

この年まで知らずにいて、あさはかだった。
この年で知ることができて、幸せだった。
ああ、また来たい。何度でも来たい。
次は2010年まで開かないなんて。
この前開いたのは、いつだったんだろう。
ああ、来れてよかった。

《世界屈指の彫刻》

だなんて、すごい表現だと思ったけど、本当にそのとおり。

日本のルネッサンス!
ミケランジェロを超えた!

誇張なんかじゃない。全て国宝。
これが人の手によるものだなんて信じられない。
鎌倉時代に彫り上げた人がいるなんて。

続きを読む

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ご連絡はこちらから
鑑定の予約・質問・感想など、お寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

浜田 えみな

Author:浜田 えみな
こんにちは! ブログに来てくださってありがとうございます! H11生まれの長男と、H14生まれの長女の二児の母です。文章を書くことが好きなので、フルタイムで仕事をするかたわら、あれこれ書いています。H26年8月に薦められた短歌にハマり、現在その世界観を模索中です。よろしくお願いします。