FC2ブログ
<<07  2019,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
節分でした
CIMG8076_convert_20140204223702.jpg ←クリックで拡大

何かを投げつけるって。
何かを拾い集めるって。

何かが出ていき、
何かが入ってくる。

何かが逃げ出し、
何かが舞い込んでくる。

豆の音。
ことだま。
気持ちいいなあ。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

わくわくバレンタイン
CIMG6336_convert_20130214222604.jpg

「えーーーーっ もしかして、
もらったん??????」(喜)
「いや、そりゃ、クラブとか、塾とか……」(照)
「みんなと一緒?」(落)
「うん」(平)
「ちょっと見せてよ~」(興)
「もう食った」(素)
「ええっ 袋とか箱とかにも入ってないの?」(疑)
「うん」(暢)

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

節分と「秘密会議一味の会」


今日は節分。
何を祓いますか?

***

今いる場所から出ようとして、
がむしゃらに押していた力をゆるめたら、
音もなく向こうから開け放たれる。

そんな扉の前で、
わたしたちは立っているのではないだろうか。
引けば開くドアを渾身の力で押し続けて。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

最高に素敵に妄想する


守られながら存在している。
誰にも傷つけられないし、誰も傷つけない。
誰もさみしくないし、さみしくさせない。

いつも見守られている。
生まれたばかりの頃のように。

だから、書くことができる。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

年のはじめに ~命が枝分かれする場所~


線」になり、「辺」になった人たちと、
「立方体」を創る。
コラボレーションのワークショップを実現する。
文章表現の「スタイル」を確立する。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

ハマダ式「笑顔の考察」(今日は浜田省吾さんの誕生日!)


いろんな笑顔があることに気づく。

陽だまりみたいな笑顔。
野原のたんぽぽみたいな笑顔。
夕焼けみたいに、なつかしくてあたたかい笑顔。
まっすぐで、頼れる笑顔。
一緒に寄席に行って笑い転げたくなる笑顔。
……

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

なんていうことのない夜も
CIMG4031_convert_20101126225658.jpg ← クリックで拡大

どんな夜も
人生最高の日につながっている
なんていうことのない夜も
特別な夜も

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

どきどきバレンタイン
 クリックで拡大

「コツメ、クラスにチョコあげたい子いないの?」
「うん」
「ほんとに?」
「うん」

「おにいちゃん、誰かからチョコもらうと思う?」
「NO---!!!」
「ほんと?」
「うん」
「ポストに、こっそり入ってないかな?」
「ありえへん」

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

オニの面はなぜ? ふたたび
CIMG5012_convert_20120204195048.jpg ← コツメの作ったお面

笑う門には、いつだって、
最大級の福が来る。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

サンタとか蕎麦とか林間のカレーとか
今年は「へ」のことだまが動いている

いろんなことが、
想いもよらない方向に展開していく兆し 

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

クリスマスイブ


クリスマスイブ
ポストに入っていたのが
自治体の広報誌だけだなんて

大人はつまらないな

テレビが見たいコツメが
夜更かししていい? と訊くので
ダメです!
ときっぱり。

早く寝ないと、サンタさん来ないぞ。


テーマ : 心と言葉。
ジャンル : 心と身体

秘密がいっぱい


サンタさんは来る
信じている子どもたちのもとへ

いいなあ。サンタさんがきてくれて

クリスマス前のおうちは、どこも
「秘密がいっぱい」

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

運動会 ~栄光の架橋~
しんどくて
ヘロヘロなんていうことは、ないんだな。
ぐったりで
もうイヤだっていうことも、ないんだな。

どんなことも
楽しくて、可笑しいんだな。


(注:以下は小学校の運動会のレポートです)

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

運動会前夜(H23.10.1.Sat.)
親は、わが子の姿だけを探す。
わが子が見えたらいいのだ。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

ひなまつり・菜の花・手紙
← クリックで拡大


だれよりも自分のことを想ってくれ、
だれよりもそばにいて、
だれよりも伝えたい想いを、
心の底から伝えなければいけない人に、
ひびいて届く文章を書くことができないのなら、
文章を生業にする力などない。


続きを読む

テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

なぜに、カニ?
CIMG4268_convert_20110222202938.jpg  ← クリックで拡大 一日遅れのケーキ


何よりも伝えないといけないことと、
誰よりも伝えなければならない人がいた。

生まれて初めて、
誕生日に、自分から電話をかけた。

続きを読む

テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

いつも前日
 ← クリックで拡大 ホタル!

「何それ?」
「ホタル!」
なるほど、よく見れば、おしりが光っている。すごい。
「自分で考えたの?」
「うん!」



もっと前から始めればいいのに、いつも前日。
どんな行事でも前日。
おひなさまも、五月人形も、クリスマスツリーも。
来年こそ、早く用意しよう! と、毎年思っている。

続きを読む

テーマ : 行事・イベント
ジャンル : 育児

おめでとう! ありがとう!
CIMG3403_convert_20100516201505.jpg ←クリックで拡大 

今日はコツメの誕生日。八歳!

誕生日なのに、土曜日なのに、ランドセルを背負って、いつもどおりに登校する。
土曜参観なのだ。
二時間目が、二年二組 コツメ
三時間目が、五年二組 リクト
夫と二人で、小学校まで、歩く。
いやー 二人で歩くなんて、いったい、いつ以来?
はるかに見通せる校門までの道筋は、
目の前にも、後ろにも、
同じように並んで歩く両親が連なっていて可笑しい。

いろいろなパターンがあるなあ。
どちらもきちんとスーツを着ているところ。
どちらも、くだけたお休みスタイルのところ。
御主人はジャージで、奥さんだけがきれいにしているところ。
若い二人。年配の二人。なにやら仲良く話しながら歩いているところ。
話してないけど、よりそっているところ。
微妙な距離があるところ。
年齢も服装もさまざま(1年生から6年生までの保護者だからね)
それでも、どんな二人でも、夫婦に見えるから不思議だ。

続きを読む

テーマ : 行事・イベント
ジャンル : 育児

春の彼岸に
 ← クリックで拡大

なぜ、ひな段が?
今日は、浜田家のひな祭り。
毎年、 二月下旬から、遅くても三月三日までに行っていたが、
今年は、日程があわず、お彼岸になってしまった。

主人は五人きょうだいの長男で、このお雛さまは、
末っ子で次女のゆきこちゃんが三歳のときに浜田家にやってきた。

続きを読む

テーマ : ◆◆日々の暮らしを楽しむ◆◆
ジャンル : 結婚・家庭生活

おひなまつり
 ← クリックで拡大

コツメが4歳のときに、保育園で作った おだいりさまとおひなさま。

初めて会ったときから、ひとめぼれで、本当に大好き!
捨てることなんてできなくて、それ以来、毎年、かざっている。
どんなおひなさまにも、かえられない。

どうして、こんなに幸せそうな笑顔が、コツメに描けたんだろう。
わたしには、ぜったいに描けない。

サインペンの持ち方もおぼつかなくて、あやしげなもち方で描いたのだろう。
でも、わらってる。

おだいりさまは、テレ屋で、あたたかだ。
おひなさまは、シャンとして、おすましだ。

おだいりさまのほうが、顔が大きくて、ニコニコとやさしそうなのも
おひなさまが、キリっとして、しっかりしてそうなのも
夫とわたしに、どこか似ている。
あの日の、ひな壇の、わたしたちに似ている。

3月3日は結婚記念日。

毎年、会えるのが楽しみで、しまってある箱を開ける。

                  (ゆ)のことだまセラピスト

 

テーマ : ママのひとりごと。
ジャンル : 育児

恋するバレンタイン
← クリックで拡大 コツメ作 バレンタインチョコ 

世のなかの働くお母さんたちは、いったい、いつバレンタインチョコを
買いに行くのでしょう?

このあいだ、「気がついたら節分!」と何度も連呼したけれど

「気がついたらバレンタインデー!」

続きを読む

テーマ : ママのひとりごと。
ジャンル : 育児

「オニの面はなぜ?」
← クリックで拡大 コツメ作成

気がついたら節分! あっという間に節分! 毎年、気づくのは週の中日。
巻き寿司の材料を買おうにも、吸い物の準備をしようにも、
冷蔵庫の中や買い置きの乾物を思いつく限り並べてあがいても、
どうにもこうにもならない週の中日。
定時のチャイムとともに、ダッシュで職場を出て、帰宅時間は18:45。
仕事帰りに、買物をする時間は取れない。
「節分どうするの~?」 

続きを読む

テーマ : ママのひとりごと。
ジャンル : 育児

ムクロジ(「ミラクル奈良」)
← クリックで拡大

昨日、興福寺のことを書いたので、引き続き、奈良公園・お正月ネタを。

画像は、ムクロジの実。

ムクロジは「無患子」と書き、その黒く硬い実は、羽子板遊びの
羽の錘に使われている。

      災いを はねとばして 福が訪れるように
 
      子どもたちが 患うことの 無いように


お正月の羽子板遊びには、そんな願いがこめられていたのだと知り、
やってみたくてたまらなかった。

今年は、その念願かない、羽子板セットを手にいれ、
お正月の空に、カンカンと、ムクロジの実を打つ音と歓声を
ひびかせることができた。
(バドミントンのようにはいかず、かなり難しい!)

羽が空を飛ぶようすは、トンボをイメージしたものだという。
蚊は疫病の媒介をする虫として恐れられていて、
その蚊を食べるトンボが華やかに舞うようすは、
子どもたちが、病で命を落とさず成長することへの
願いがこめられていた。

わたしがこの実のことを知ったのは、長男リクが入会している
「自然と生きるこどもクラブ」の活動で、奈良公園の探索をした際、
参加記念として、画像にある「ムクロジの実と鈴のお守り」を、
いただいたからだ。

2007年11月23日のことだ。


--------------------------------------------------------------

「ミラクル奈良」

ディアライン・イチイガシ・イラクサ・イワヒメワラビ・ノキシノブ・
マメシダ・クスノキ・落枝現象・樟脳・ルリセンチコガネ・
ナンキンハゼ・ナギの葉・ムクロジ…  

今日、教えてもらった言葉だ。
奈良公園には何度も来たことがあるし、これからも行くだろうが、
このツアーに参加しなければ、気づきもせず、知ることもなく。
二つも眼があり、耳も二つあるけれど、
気づきは、一人では、なかなか難しいなと感じた。
そして、識ること、視えることは、素敵なことだ。

続きを読む

テーマ : 子供達とおでかけ♪
ジャンル : 育児

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ご連絡はこちらから
鑑定の予約・質問・感想など、お寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

浜田 えみな

Author:浜田 えみな
こんにちは! ブログに来てくださってありがとうございます! H11生まれの長男と、H14生まれの長女の二児の母です。文章を書くことが好きなので、フルタイムで仕事をするかたわら、あれこれ書いています。H26年8月に薦められた短歌にハマり、現在その世界観を模索中です。よろしくお願いします。