FC2ブログ
<<07  2019,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
心のマチ
きれいな横顔で歩いていたい
いつか、わたしを
見つけてくれたとき



所用時間は、顔が三分、体が五分。
本当に、毎日八分で?
やってみよう!
(六月二十日 ブログ記事より)
 → ブログ記事 「なりたい体」


続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

額縁
必要な「よぶん」
たいせつな「よぶん」

忙しくても、しんどくても、
その「愛あるよぶん」を、おこさせるのは、
「笑顔」だよねって、思うのだ。



「髪は顔の額縁」だと、田中 宥久子さんの名言集にあった。
うまく表してるなあ。たしかに、額縁だ。
整った顔でも、髪型がやぼったいと、くすんでしまうし、
たとえ地味な顔でも、斬新な髪型だと、活動的に見える。

もちろん、内面から起ちあがってくる「生命力」や、
そのひとの「人間力」を超えて、作用するものではない。
だけど、進みたいベクトルの方向づけや、
なりたいイメージをつくるには、かなり効果的だと思う。
そのひとの魅力を、くっきりと引きだし、息づかせ、パワーアップさせるのも、
その逆も。



続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

なりたい体
てのひらは、オールラウンドプレイヤーだ。
必要なときに、必要なことをする。
失ったものを取りもどしたら、人生は、おつりだらけだ。



筋肉で支えきれない皮下の脂肪や老廃物が、
骨からずりおち、だぶつき、もたついている。
この、いびつさはなんだ?

表情筋トレーナーのはるみさんに、本までいただき、
カフェで、レクチャーまでしてもらったのに、
全くもちあがらない筋肉。
…へこんでしまう。

そもそも、表情筋すら動かせないのに、
こんなだぶつきまで、一緒に持ちあげるなんて、
キャリーオーバーもいいところだ。
まずは、いらないものを、そぎ落とさなくては!

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

なりたい顔
まるで、スポットがあたるみたいに、
その場所がサーチされて、あたたかくなる。
知らなかったところに、光があたる感じ。

そんなふうに、自分のかくれていた面にも、ひとつ、
スポットがあたっているような気がする。

ひとつ、表情筋をつかえるようになるごとに、
ひとつ、自分の眠っていた才能がひらいていくような。



なりたい顔になる。
やはり筋肉。
原始林のおつげが、まわりだしている!

表情筋トレーナーのはるみさんと会った。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

青空のゆくえ
やればできるやん


ことだまってすごいな。

「は」のことだま。
「ら行」のことだま。

「は」 は、はばたく。はればれ。上へ向かって勢いよくのびていくさま。
空がどこまでも、高く遠くひろがっているようすを、「はれ」と呼び、
草木の新芽が、いっせいに芽吹いて、
上へ上へと伸びていく季節を、「はる」と呼んだ。
希望を与えることだま。
外に向かって、発信していくことだまだ。

ら行は、回転・加速・改革のエネルギー。
ら行のことだまを持つ人がグループにいると、結果を出すのが早くなる。
仕事も早く片づくし、ゴールに到達する速度がアップする。


「はるです」

名前を聞いた瞬間に、何度でも呼びたくなった。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

『思考の車輪』
「思考の車輪」


何かが目覚めそうな、
つかめそうな、とどきそうな、ひらきそうな、
でも、それがまだ形にならないもどかしさが、
ざわざわと、わたしの中の何かを刺激する。

言葉の持つ力。

こんな言葉に出会うと、
(ああ、やっぱり、わたしは言葉によって生かされている)
そう、思う。
音楽よりも、映像よりも、何よりも。

「思考の車輪」

齋藤 孝氏の著作『座る力』の中の言葉だ。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

春日山原始林のおつげ
今、目に見えるものに、
猛烈に向きあいたくなってきたのだ。



春日野原始林のおつげは、「からだ」だった。

「筋肉」

そう思ったのだ。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

そこは、そういう場所
 ← クリックで拡大 ツボ押し棒

~ 赤ちゃんを産んだ人と、これから赤ちゃんを産む人へ ~


◆「そこ」はそういうところだったんですね


あたたかい!
ハクキンカイロをあてているように、じわじわぽかぽか。
外からじゃない。内からだ。

「そこ」に何かがある。
両手のひらで軽く形づくれるくらいの小さな宇宙。
骨盤の中が、熱い。
ぐるぐるとエネルギーがまわっているのがわかる。
今まで何もなかったところに、満ちてきた何か。
クンダリーニの覚醒って、これの「すごい版」なんだ。きっと。 

続きを読む

テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ご連絡はこちらから
鑑定の予約・質問・感想など、お寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

浜田 えみな

Author:浜田 えみな
こんにちは! ブログに来てくださってありがとうございます! H11生まれの長男と、H14生まれの長女の二児の母です。文章を書くことが好きなので、フルタイムで仕事をするかたわら、あれこれ書いています。H26年8月に薦められた短歌にハマり、現在その世界観を模索中です。よろしくお願いします。