FC2ブログ
<<09  2019,10/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
下見に行ってきました! ~村松恒平先生 表現の会~
CIMG8865_convert_20140622210300.jpg ← クリックで拡大

もう、「次の機会」は、ないかもしれません。

薬など手に入らない日がくるかも。
自由に動く身体を失う日がくるかも。

続きを読む

スポンサーサイト



村松恒平氏 来阪! 連続WS「見えない力とつきあう、遊ぶ、制御する」(H26.7.12~13)
内臓ダンスとは、
内なる自分との対話です。
限りない創造の源です。
自分の身体の中の
未知の力と出会います。

シンクロームは
人類が30世紀まで
生き延びるために必要な
「おまじない」です。

シンプル&クイック。

人の身体を自然に戻し、
健康を取り戻す方法と
原理を伝授します。


~村松先生のお言葉より~

続きを読む

村松恒平先生を囲む会レポート ~宇宙の鼓動と同期するねじ~
← クリックで拡大(Sさんの鶴)

書いていれば会える。
発信していれば届く。
願いにも、想いにも。

かつて「ねじ」だった。

あの熱くて強くて無防備で
粗野で無垢で
がむしゃらでひたむきな、
大きな「ねじ」のエネルギーで、
この世に生まれてきたのだ。

続きを読む

テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

SBAシンボリスト 村松恒平氏を囲む会開催! 2013.8.17夜!
SBA------.jpg CIMG6565_convert_20130418230107.jpg ← クリックで拡大

SBAシンボリスト 
村松恒平先生の来阪にあたり、
囲む会を開催します!


続きを読む

テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

SBAと表現の会 ~ひとつぶの種に約束されたもの~
CIMG6537_convert_20130421083229.jpg

特に何かが変わったわけではない。

ものすごく嬉しいことや、
楽しいことがあったわけでもない。
ほめられたわけでも、
評価されたわけでもないのに、

自分がブレない。

そのままでいいとわかったら、
あふれてくる。
やらないでおこうと思っても、
止まらない。

続きを読む

テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

村松恒平氏「お茶とお散歩とサムシングの会」レポート
CIMG6557_convert_20130419155533.jpg ← クリックで拡大 北河内の茶室

当日になるまで、
村松先生は
「ご謙遜されているのだ」
と思っていた。

驚いたのは、
ほんとうに
「なんちゃってお茶会」
だったことだ(!)

続きを読む

テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

村松恒平氏「SBAオープンセミナー大阪」レポート
 ← クリックで拡大(SBAチラシ)

SBAはシンボリックなワークだ。

セミナーは
参加した人だけが受け取るギフトが渦巻く「場」

引き寄せあって、理由があって、
集う人たち。

続きを読む

テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

村松恒平氏「お茶とお散歩とサムシングの会」11日まで受付延長! ~家は命が枝分かれする場所~
CIMG6464_convert_20130307232521.jpg ← クリックで拡大

「今ここ」に在る生命を呼吸する。

乗ったことのない電車に乗り、
降りたことのない駅で降り、
初めての道を進み、
訪れたことのない門をくぐる。

「いえ」は、
「いのち」が「えだわかれ」する場所。

続きを読む

テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

村松恒平氏「SBAオープンセミナー大阪」締切間近!
SBA------.jpg ← クリックで拡大

SBAは完成しているけれど、
日々進化している。

人も赤ん坊のときから
完成しているけれども、
死ぬまで成長を続ける。

大人になったら
成長しないというのは
嘘だから。

行き止まりの考えに
ならないように。

精神の成長は
何歳になっても続く。

果てしない道の一端を
セミナーで感じてもらいたい


~SBAオープンセミナーに向けての村松恒平先生のお言葉~

続きを読む

テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

村松恒平氏とすごす民家集落博物館(H25.4.14) ~日本人を知るということ~(2)
CIMG3317_convert_20100429153904.jpg ← クリックで拡大 父の生家

わたしたちが一番安らぎ、強みとし、
世界に誇れるものは、日本の中にある。

自分につながる人を知り、
自分に流れている「宝」を知る。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

村松恒平氏「お茶とお散歩とサムシングの会」於:民家集落博物館(H25.4.14)(1)
CIMG6464_convert_20130307232521.jpg ← クリックで拡大

「顔を見て決める」

だから、何が飛びだすかわからない(笑)
だから、必要なものが届く。

呼びかけているわたしも、
参加する人も知らないサプライズ。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

村松恒平氏 「SBAオープンセミナー大阪 2013.4.13」 開催
SBA------.jpg


(なにもしない)

SBAを知ると、
遅かれ早かれ、
この境地と向き合うことになる。

何かをすることが、
どれほど反作用(副作用)を
呼ぶものなのかを
知り得るとともに。

続きを読む

テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

村松恒平氏 「天才! 大人のアート塾」レポート(1) ~自分探検隊~
CIMG5773_convert_20121005205002.jpg ← クリックで拡大(団扇表) 

自分を知ることで、
自分の強みと弱みがわかる。
知らないから、怖れる。
知らないから傷つく。

表現は自分を知ることから。

まだ見ぬ自分半島を探検しにいこう。
まだ見ぬ自分大陸への航海に出よう。

表現の会は、「自分探検隊」。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

村松恒平氏「天才! 大人のアート塾」レポート序章 ~太陽の塔と民博~
 ← クリックで拡大

植物からの祝福とは

たとえば、
大地に根ざしていること。
たとえば、
降り注ぐ陽射しや、雨や、風や、
天からのすべてを享受していること。

たとえば、
伸びゆく力に満ちていること。
たとえば、
まわりと比べて卑下したり
うらやんだりしていないこと。

その気配

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

村松恒平氏「天才! 大人のアート塾」レポート序章 ~銀河の家~
← クリックで拡大

村松恒平という恒星に吸い寄せられ、
そのまわりを、それぞれの軌道で周っている。

公転周期も速度も違う。

一瞬で見えなくなってしまう人もいれば、
しばらく一緒に周れる人もいる。
いつでも視界のどこかに姿が見える人もいれば、
今どのあたりにいるのか、
気配も感じられない人もいる。

だけど、あの一瞬、場を共有できた。
同じ「村松系」の星なのだ。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

創造性の子供に会いに行く
 ←クリックで拡大

なんてワクワクする言葉なんだろう!

本も読んでいないのに、
ムクムク元気になった。

いるかどうかもわからない、
自分の中の「創造的な子ども」の気配が、
いっせいに目を覚ました。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

村松恒平SBA(象徴的身体調整)サイトオープン!
SBA------.jpg

ひとつだけ、確信が持てることは、
「信じる」という力。

信じたとき、求めるものが、
エネルギーとなって、流れてくる。
その強さは、
信じる力・愛する力・求める力。

信じたものの力で、私たちは癒えていくのです。

直感を磨くと、受け取るものが増える。
正しいものを選択できる。
必要なものと出会える。

それは、自分の軌道につながる道です。

続きを読む

テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

村松恒平氏大阪セミナー「SBAオープンセミナー」(H24.9.9)
SBA------.jpg ←クリックで拡大


人が宇宙の星だとすると、
それを本来の軌道に戻すものです。
人には歩むべき自然の道があります。

水が高いほうに流れることがないように、
人も本来 自分自身の軌道に戻る力を持っています。

象徴的な干渉によって、
心身を癒し、運を開き、生命の活力を取り戻します。


~村松先生のブログ「心が大事」より~

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

村松恒平氏大阪セミナー「天才! 大人のアート塾」(H24.9.9)
あなたも天才でアートできます。
眠っている才能が目覚めます。

アートに関する感覚がすごく伸びやかになる。
そしてぐーんと身近になる楽しい講座です。


~村松恒平氏のお言葉より~

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

一語一惠 ~ 放し飼いの牧場(まきば) ~
言葉で伝わるものなんて、ほんのわずかだ。

とらえどころのない思いをつかまえにいくのは、
心が躍る。

いくつ持てるかで自由になれる。
いくつも放し飼いにして自由になれる。

伝えたいのは、言葉じゃない。
受けとるものも、言葉じゃない。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

一号一惠 ~ 象徴が導くもの ~
イメージする力は、世界を拡大する。
自分を知り、多次元的にデザインする。
未来が拓けていく。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

遠征! 村松恒平大津セミナー ~ 輝けるスカスカ人生 ~
そのときにどんな環境にあっても、
決して変わらない軸となるもの。
流れが進んでも、
ゆるぎなく底辺にあるもの。
それが、自分本来の軌道。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

村松恒平Wセミナー 「表現の会」(3) ~ 始まりの日 ~
自分自身が思い込んでいる自分だって、
いつでも脱ぎ捨てていい。
いつでも、目覚めて、いつでも生まれていい。

広大で、悠久な宇宙の銀河で、
一瞬、すれちがう光のようなもの。

まばたきをする間に、見失ってしまうくらい、
遠く離れてしまうもの。

また会える。
この軌道で会えたのだから。

今日が始まりであればいいと思った。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

村松恒平Wセミナー 「表現の会」(2) ~マンダラ銀河~ 
CIMG5559_convert_20120617103615.jpg ←クリックで拡大

人の心は無意識に意味がないものに
意味を見つけ出そうとする機能をもっている。

できあがったものは、
“何かだと思いたくなる” 感情が動くんだよね。

それを働かせるためには、“無意味”がいい。


(村松先生のお言葉より)

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

村松恒平Wセミナー 「表現の会」(1) ~コトバの奏者~」 
受け取ったものを
どこまで深く入れて返していくか

ハートで書いたものはハートに伝わる
頭で書いたものは頭に伝わる
魂で書いたものは魂に伝わる

変換機能を味わうのが表現の喜び


(~村松先生のお言葉より)

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「一号一惠」 ~ 生きた答えを持て ~
古事記の序文に出会ったときの感動は忘れない。
あのすごい万葉仮名の羅列の中に、
「伝えたい」というパッションを感じ、
千三百年前の人々が親しく近いものになった。
日本はことだまの国。
「日本人」を離れたくない。

文字のなかった時代の生活には、もう戻れない。
文字により失ったものはなんだろう?

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

村松恒平氏 「表現の会」 開催直前インタビュー
落ちているブレーカーが、
あがるように循環しはじめる。

スイッチが押されていく。
導火線が長くて、点火は、まだずっと先でも。

生涯、支え続けてくれる。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

村松恒平氏Wセミナー「表現の会」&「SBA集中講座」 in 大阪(H24.6.9~6.10)
表現で遊び、感じることによって、自分を知る。
創造力を爆発させ、心を自由に解放する!


     ~「表現の会」に向けての村松恒平先生からのメッセージ ~

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

Coming Soon!
人生は宇宙で、可能性は銀河で、
散らばる星々の間に、
ゆるぎなく伸びていく道筋。

自分の軌道を俯瞰し、その輪郭にふれる。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「一号一惠」 ~ 本来の軌道 ~
どれだけ実績や評価を得たとしても、
どこか納得できなかったり、自信がもてない自分。
努力の賜物であっても、達成感や満足感が得られず、
少しも満たされなくて、次の目標を探している自分。

だとしたら、それは、正しい軌道ではないのだ。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ご連絡はこちらから
鑑定の予約・質問・感想など、お寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

浜田 えみな

Author:浜田 えみな
こんにちは! ブログに来てくださってありがとうございます! H11生まれの長男と、H14生まれの長女の二児の母です。文章を書くことが好きなので、フルタイムで仕事をするかたわら、あれこれ書いています。H26年8月に薦められた短歌にハマり、現在その世界観を模索中です。よろしくお願いします。