FC2ブログ
<<07  2019,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
発見!
IMG_20160723_155701.jpg

「お母さん、今日、見た!」
「ビーバーみたいなやつ?」
「うん」
「すごいーーっ!! いいなあ~」
「写真撮った」
「うそ! 見せて見せて」

続きを読む

スポンサーサイト
前を向いて歩きなさい
35鄙呈・_convert_20151003103313 ← クリックで拡大

じんわり、その言葉は、
自分に返ってきた。

ワタシハ 
マエヲ ムイテ 
アルイテイルンダロウカ

続きを読む

ノープロブレム
CIMG4186_convert_20110124214251.jpg  ← クリックで拡大 リクトが5年生の時に作ったシーサー

何か大きなものに
いつも守られている気がします
そのことに、心からの感謝を

だから、いつも笑顔で


***

「おかあさん、オレら、ここ、入っていいの?」
「えーーーっ いいやろ、そんなん」
「外国、みたいやな」
「うん」

続きを読む

節分でした
CIMG8076_convert_20140204223702.jpg ←クリックで拡大

何かを投げつけるって。
何かを拾い集めるって。

何かが出ていき、
何かが入ってくる。

何かが逃げ出し、
何かが舞い込んでくる。

豆の音。
ことだま。
気持ちいいなあ。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

プール、質と量、そして伸びしろ、ビーチボール
(あああ、いやだいやだいやだいやだ)
(ぜったい、熱中症になる)
(ぜったい、顔がシミだらけになる)
(ぜったい、紫外線を防げない)
(今まで、死守してきたのに)
(どうやったら、紫外線から肌を守れるだろう?)

(あああ、暑い暑い暑い)
(あせもができる)
(脱水症状になる)
(六時間???)
(耐えられるだろうか)
(あああ、いやだいやだいやだいやだ)
(いやだいやだいやだいやだ)

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

わくわくバレンタイン
CIMG6336_convert_20130214222604.jpg

「えーーーーっ もしかして、
もらったん??????」(喜)
「いや、そりゃ、クラブとか、塾とか……」(照)
「みんなと一緒?」(落)
「うん」(平)
「ちょっと見せてよ~」(興)
「もう食った」(素)
「ええっ 袋とか箱とかにも入ってないの?」(疑)
「うん」(暢)

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

節分と「秘密会議一味の会」


今日は節分。
何を祓いますか?

***

今いる場所から出ようとして、
がむしゃらに押していた力をゆるめたら、
音もなく向こうから開け放たれる。

そんな扉の前で、
わたしたちは立っているのではないだろうか。
引けば開くドアを渾身の力で押し続けて。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

最高に素敵に妄想する


守られながら存在している。
誰にも傷つけられないし、誰も傷つけない。
誰もさみしくないし、さみしくさせない。

いつも見守られている。
生まれたばかりの頃のように。

だから、書くことができる。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

年のはじめに ~命が枝分かれする場所~


線」になり、「辺」になった人たちと、
「立方体」を創る。
コラボレーションのワークショップを実現する。
文章表現の「スタイル」を確立する。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

ハマダ式「笑顔の考察」(今日は浜田省吾さんの誕生日!)


いろんな笑顔があることに気づく。

陽だまりみたいな笑顔。
野原のたんぽぽみたいな笑顔。
夕焼けみたいに、なつかしくてあたたかい笑顔。
まっすぐで、頼れる笑顔。
一緒に寄席に行って笑い転げたくなる笑顔。
……

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

なんていうことのない夜も
CIMG4031_convert_20101126225658.jpg ← クリックで拡大

どんな夜も
人生最高の日につながっている
なんていうことのない夜も
特別な夜も

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

笑顔の海(夏の贈り物-2)


生まれてきてくれた日から、
わたしに向けてくれた、
数えきれないほどの笑顔。
甘えた顔。すねた顔。泣き顔。寝顔。
笑顔。笑顔。笑顔。
笑顔の海

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

ひまわり
ひまわり ← クリックで拡大

よこがおが好きです。
みていてもいいですか?


続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

いっしょに赤飯!?(2) ~ 『不惑のアダージョ』 ~
心を動かしていいのだ。
伝えていいのだ。
ほどいていいのだ。
あふれていのだ。

拓かれていく。調べとともに。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

いっしょに赤飯!?(1)
まるで、いっしょに植えた種が、
土の下から、むくむくと芽をもたげようとして、
ちょっとだけ
顔をのぞかせた白緑色の輝きを発見したみたいに、
嬉しそうに、自慢そうに、ニコニコと

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

いちばんかわいいのは誰?
子どもとすごす時間に培われていくものは、
にわかに取り繕えるものではなく、
日々の積み重ねのなかで、育っている。
それはとても正直に。ゆるぎなく。
まっすぐに。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「今ここ」まっしぐら・リセット王子
今、言われたことは、今だけのこと。
それ以外の何にも及ばないこと。
どこにもつながらず、どこにも影響しないこと。

傷つくから癒えることを知る。
癒される歓びと癒えていく過程を力にできる。
「今ここ」だけを受け止め、引きずらないこと。
侵されないよう、
金太郎飴みたいに、セパレートすること。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

安全スパイクピン
← クリックで拡大

「りっくん、こんど、試合、いつ?」
「しゅんき」
(春季総合体育大会とかいうやつかな?)
「いつ?」
「しゅんき」
「だから、いつ?」
「もぉお、オレがわかってるねんから、いいやんか」
「おかあさんが知りたいねやんか!」(てんちゃんとわたし)
「えぇっ???」

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

どきどきバレンタイン
 クリックで拡大

「コツメ、クラスにチョコあげたい子いないの?」
「うん」
「ほんとに?」
「うん」

「おにいちゃん、誰かからチョコもらうと思う?」
「NO---!!!」
「ほんと?」
「うん」
「ポストに、こっそり入ってないかな?」
「ありえへん」

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

オニの面はなぜ? ふたたび
CIMG5012_convert_20120204195048.jpg ← コツメの作ったお面

笑う門には、いつだって、
最大級の福が来る。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

サンタとか蕎麦とか林間のカレーとか
今年は「へ」のことだまが動いている

いろんなことが、
想いもよらない方向に展開していく兆し 

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

クリスマスイブ


クリスマスイブ
ポストに入っていたのが
自治体の広報誌だけだなんて

大人はつまらないな

テレビが見たいコツメが
夜更かししていい? と訊くので
ダメです!
ときっぱり。

早く寝ないと、サンタさん来ないぞ。


テーマ : 心と言葉。
ジャンル : 心と身体

秘密がいっぱい


サンタさんは来る
信じている子どもたちのもとへ

いいなあ。サンタさんがきてくれて

クリスマス前のおうちは、どこも
「秘密がいっぱい」

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

運動会 ~栄光の架橋~
しんどくて
ヘロヘロなんていうことは、ないんだな。
ぐったりで
もうイヤだっていうことも、ないんだな。

どんなことも
楽しくて、可笑しいんだな。


(注:以下は小学校の運動会のレポートです)

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

運動会前夜(H23.10.1.Sat.)
親は、わが子の姿だけを探す。
わが子が見えたらいいのだ。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

うちの嫁
(え!)
(まさか!)
(このブログを?)
(あんなことも?)
(こんなことも?)
(もしやぜんぶ?)

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

発表会



プログラム一番の演奏も、
プログラム四十七番の演奏も、
同じ楽器なのに、別人みたいに違う音を出す

一本の指で弾いているのかと思うような演奏もあり
四十本くらいの指で弾いているような
ダイナミックな演奏もあった

五十音しかないコトバも、
一台のグランドピアノみたいなものだ
そうか、文章も演奏だ

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

子どものいる人生・いない人生
 ← コツメはこんな顔(八女市のおみやげ)

子どもがいたら、
子どものいる人生を生きるし、
子どもがいないのなら、
子どものいない人生を生きる。
どちらであっても、生きると思う。

必要とされて生まれてきた理由を、
確かめながら、生きる。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

循環ポンプ
母になったことで、わたしが手にいれたものは、
与えることと受けとることの
循環サイクルかもしれない

与えようと思わずにさしだしているから、
ひらいた心に入ってくる。
受けとろうと思わずに受けとっているから、
みたされて、あふれだす
そういう循環ポンプだ

からっぽじゃそそげないけど、
からにしないと受けとれない

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

『蕾』
この先、その太い足で、
何に向かって、駆けていくのか
笑顔も泣きべそも、覚えているよ
とどかなくても、応援するよ
何度でも言うよ。そのことで頑張れるのなら
一生、支えになるのなら

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ご連絡はこちらから
鑑定の予約・質問・感想など、お寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

浜田 えみな

Author:浜田 えみな
こんにちは! ブログに来てくださってありがとうございます! H11生まれの長男と、H14生まれの長女の二児の母です。文章を書くことが好きなので、フルタイムで仕事をするかたわら、あれこれ書いています。H26年8月に薦められた短歌にハマり、現在その世界観を模索中です。よろしくお願いします。