FC2ブログ
<<07  2019,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
ふたたびトモダチに逢う
CIMG0015_convert_20150319200216.jpg ← クリックで拡大

あと3日。

二人で乗る、
最後のアトラクションかもですね。

続きを読む

スポンサーサイト
トモダチのお披露目
CIMG0160_convert_20150318230043.jpg ←クリックで拡大

今、手にした「ご縁」という種を育てていく。
「失敗」という目の双六は「ユーモア」で進んでいく。
「甘え」という罪を忘れずにいる。


*    *    *

今日は、マヤの「惑星」の日。「表明すれば顕れる」という日です。

まず、私は「フォトブック」を創ることを表明し、『手のような雨』というフォト短歌集を創りました。
つぎに「きみのトモダチにあいたい」という企画を起ち上げました。

今回は、出たがっている猫たちの何匹かをお披露目します。

未完成のまま原稿データが失われ、見本版しか残らず、編集できなくなった本の猫たちです。そのままでいいと思って置き去りにしていましたが、猫たちが騒ぎ出し始めたので、手作業でも、とにかく完成させます!(この顛末は後述)

今日は、黄色い種という日でもあります。

続きを読む

「覚悟」 ― 素
重ねたものが、
はがれる弱さを
生んでいるのだとわかって、
素にもどっていく覚悟。

むきだしの私は無敵。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「四の五の言わない」 ― 本音
つながりあえるのは、
「本音」というカードだけ。

自分とも。
他人とも。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「犠牲」 ― 自己欺瞞
何を差し出して、
何を得たとしても、
決して、
つり合いなど取れない。

引き換えに、
手に入るものなんてない。

いつまでも、
失ったものの重さだけが、
ひとり歩きして、

自己満足すら、
できないと知っているのに。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「執着」 ― 見返り
求めているのが、見返りなら、
いくら焦がれても手に入らない。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「自由」 ― 訣別
雲一つない紺碧の空が
冴え冴えと澄み切って
ただ哀しいのは、
果てない心もとなさと
さみしさの顕現。

その空に羽ばたいたら、
果てを決めるのは自分。

独り。

誰のせいにもできない。

引き換えに訣別したものを、
今は振り返れない。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

バランス ―  駆動力
つり合うように小さくまとまるより、
突き抜けながら大きくなっていけ。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「変容」 ― 過程
もう、
元には戻れないほど変わるとき、

サナギだって、
中身がどろどろになって、
幼虫から成虫になる。

だけど、
どんなに変容を繰り返しても
決して変わらないものを
わたしたちは持っていて、

何があっても、
失われたり、傷つけられたりしない。

それが何なのかを
知るためのプロセス。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「ユーモア」― 架け橋
瞬時にかかる架け橋。

差しのべる手よりも早く、
繋がりあえる。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「まんま」 ― 最強
余分な時間と
エネルギーを
使わないですむ
最短コース。

そのうえ最強。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「失敗」 ―  双六
結果のひとつ。
サイコロの目と同じ。

目の前のすごろくの
マス目をたどればいい。

一回休み。
二マス戻る。
五マス進む。
ふりだしに戻る。
歌を歌う。
…………

そんなもんだ。

いきなり、「あがり!」
ということだって。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「挑戦」 ―  途上
ゴールは頂上ではなく、
下山後に続くもの。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「我慢」 ― 対話
たいてい、好きでやってる。
頼まれもしないのに。
たいてい、何も解決しない。
先延ばしにしただけで。

我慢したことで、今、
何を大切にしたのか?
それは、必要なのか?
いつまで?

そのことと、対話してみる。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「再生」 ― 有為
もう、
再生しないでいいくらい、
生き抜きたい。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「嘘つき」 ― 本能
何かを怖れている。
何かを守っている。

本能的に。
潜在的に。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「礼儀」― 心
その人のことを、
大切に思っていることや、
敬ってやまない気持ちを、

作法という器に、
「心」を容れて
さしだすもの。

口下手でも、人見知りでも、
伝えることができて、

同じくらい、
自分が大切にされていることを
受けとり合えるもの。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「エゴ」― ワナ
ゴールの前に
巧妙にしかけられたワナ。

ちっぽけなプライドと、
えせ偽善を満たす代償は
はかり知れないくらい大きい。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「感謝」 ― 表明
おこったことや、されたことが
ありがたく尊く美しいのではなく、

おこったことや、されたことを、
ありがたく尊く美しいと感じて、

言葉や身体で、表明できることが、
ありがたく尊く美しい。

誰にも侵すことのできない、
とても、パーソナルなもの。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「自信」 ― 道
自分のヴィジョンを
他人の評価にゆだねているのは
逃げ道を探しているから。

うまくいかなかったときに、
責任転嫁したいから。

すべて腹をくくれたら、
自信がどうとか言わないで
行動しちゃってる。

逃げ道なんてないんだ。
道は道だと。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「完璧」 ― 表裏一体
完璧は、
すべてを反射する面と、
すべてを吸収する面が、
静かに屹立する場所。

くもりなく、ゆがみなく、
たゆみなく磨きぬいてきた場所が、
裏側だったと知り、

あわてて反した表側が、
いびつで、くすんで、
手垢にまみれて、
深みと味を醸し出しているように。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「ご縁」 ― 種
縁は、
かみさまが
くれる種。

土をおこし、
水を蓄え、
光を受けとる。

芽を出し、
根を張り、
枝葉を広げる。

蕾がふくらみ、
花が咲いたら、
実を結ぶ。

縁は種。
育ちゆくもの。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「どうでもええやん」 ― ん
しりとりの「ん」みたいなもの。

否定や逃避ではなく
次元上昇するマシン。

リセットするのではなく、
ステージを変える。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「受容」 ― 平安
幾つかの小さな、
または大きな、

時に、
かすかに波立つような、
時に、
何もかもをなぎ倒すような、

自分の最も深い部分からの、
感情のプロセスを経て、

おとずれる平安。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「身の丈」 ― 制限速度
身の丈は、制限速度みたいなもの。

超えなければ咎も負荷もないけれど、
少し超えるくらいが爽快。

だけど、超えすぎると
オーバーヒートやクラッシュ。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

岡田恵さん EXカードワークショップ(於:森邸)レポート
CIMG8575_convert_20140427202824.jpg ← クリックで拡大

こんなに
いろんなチカラがあるのだとわかる。

こんなに
いろんな感情で
満たされているのだとわかる。

だれひとり、同じ人はいなくて、
それぞれにひたむきで、
気高く美しいチカラ。

続きを読む

テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

「選択」― アトラクション
選択肢があれば、どれにすればいいかで迷い、
選択肢がなければ、やるかやらないかで悩む。
何を選んだとして選ばなかった道を振り返り、
別の道を選んだ人から目をそらす。

はかりにかけているのは、なんの重さだろう?

きちんと目をあければ、
選択肢などないことが、くっきりと視えるはず。

なぜならば、
生まれてくるときに、
生涯の選択は全て終えているから。

どんな選択も、
今世というテーマパークのアトラクション。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「直感」― 未来測 
原始の魂に直結するもの。

過去の経験にアクセスしないで、
まだ体験したことのない未来へ、
瞬時に駆け抜けるガイド。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「依存」 ― 虚構
依存することで補っているものは何?

それがわからないまま繰り返される行為は、
虚構のすきまを埋めるようなもの。

いくら注いでも満たされない。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

評価」― 存在
他人にゆだねないもの。

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ご連絡はこちらから
鑑定の予約・質問・感想など、お寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

浜田 えみな

Author:浜田 えみな
こんにちは! ブログに来てくださってありがとうございます! H11生まれの長男と、H14生まれの長女の二児の母です。文章を書くことが好きなので、フルタイムで仕事をするかたわら、あれこれ書いています。H26年8月に薦められた短歌にハマり、現在その世界観を模索中です。よろしくお願いします。