FC2ブログ
<<04  2010,05/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
チャクラティー
チャクラティーをごちそうしてもらった。
その名も、【第一チャクラティー】
赤のパッケージには、「地球という存在とのコミュニケーション」 ということば。

チャクラティーは、いろいろな種類が販売されているそうだが、
今日、煎れてもらったのは、オーラソーマ社認定のものだ。
薬剤師でもあるハーブインストラクターが、
良質なハーブを用いて作ったとのこと。

小皿に出されたブレンドハーブは、
ローズの紫色、カレンデュラの黄色、ヒースのピンクの小さい丸い蕾が、きれい。
パッケージの裏を返すと、
コメントと、ブレンドされているハーブの種類が書いてある。

今ココと、意識的に生きる。
それはエネルギーが滞りなく流れるルーツに柔軟さと滋養をもたらす。


なるほど。第一チャクラだ。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

浜田島Ⅱ
 CIMG3438_convert_20100529213311.jpg CIMG3442_convert_20100529213344.jpg  ← クリックで拡大  at 中之島BANKS 

思いは叶う
人生は、やりたいことの思いどおり
どう生きたいかを決める


               (桑原邦嘉さんのセミナーより)


【浜田島Ⅱ】 は、浜田省吾×田島照久によるコラボレーション写真展。
【浜田島】 は、昨年7月に、横浜の赤レンガ倉庫で開催された。
 

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

チョークアート講座・阿倍野(5月)
← クリックで拡大

キャラメルと抹茶!


即座に決めた。
今月の課題は、アイスクリームコーン。

楽しかった!
最近、仕事が忙しくて、残業ばかりで、心もからだも、
どんどん偏っていく気がして、
いったい、どうやってバランスをとったらいいだろうって、
ずっと考えていた。
でも、そんなこととは関係なしに、
アイスクリームを無心に描いて、
できあがってみたら…

続きを読む

テーマ : お絵描き・ラクガキ
ジャンル : 趣味・実用

春日山原始林へのたび
CIMG3408_convert_20100520001343.jpg ←クリックで拡大 せんとくんと「春日山原始林」

「『もらうぞ!』って思って、入ってくださいね」

ふいに、からだのなかを、せせらぎが横切った。
からだのなかを、水音とともに、流れが貫通していく。


あちこちで見かけるせんとくん。
いろんなポーズで出没している。
最初に見たときは、「ぼうとく」「ミスマッチ」「融合にシッパイ」…
などと思ったものだが、すっかり見なれて、とってもラブリー。

せんとくんは、確かに、時空をつなぎ、
過去・現在・未来への自由自在な架け橋になっている。

続きを読む

テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

セルフケアキネシオロジー
人には、そのときに進むことができる
「奥行き」というものがあります。
その「奥行き分」しか、進めないのです。


セルフケアキネシオロジーのワークショップに参加した。

続きを読む

テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

ゆめをみようよ
かなわなくていいから、みたい夢がある。
かなわなくてもいいから、みていたい夢がある。


「みるこちゃんとミルコさん」というブログ記事を書いたあと、→ ブログ記事「みるこちゃんとミルコさん」
「ミルコのひかり」というイタリア映画があるよと、メールをもらった。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

おめでとう! ありがとう!
CIMG3403_convert_20100516201505.jpg ←クリックで拡大 

今日はコツメの誕生日。八歳!

誕生日なのに、土曜日なのに、ランドセルを背負って、いつもどおりに登校する。
土曜参観なのだ。
二時間目が、二年二組 コツメ
三時間目が、五年二組 リクト
夫と二人で、小学校まで、歩く。
いやー 二人で歩くなんて、いったい、いつ以来?
はるかに見通せる校門までの道筋は、
目の前にも、後ろにも、
同じように並んで歩く両親が連なっていて可笑しい。

いろいろなパターンがあるなあ。
どちらもきちんとスーツを着ているところ。
どちらも、くだけたお休みスタイルのところ。
御主人はジャージで、奥さんだけがきれいにしているところ。
若い二人。年配の二人。なにやら仲良く話しながら歩いているところ。
話してないけど、よりそっているところ。
微妙な距離があるところ。
年齢も服装もさまざま(1年生から6年生までの保護者だからね)
それでも、どんな二人でも、夫婦に見えるから不思議だ。

続きを読む

テーマ : 行事・イベント
ジャンル : 育児

ピンクの道 黄色の道 
 ←クリックで拡大 

マンダラ・ワークショップの帰り道、ピンクの靴が目にとびこんできた。
動きのあるデザイン。革のくしゅくしゅ感。躍動感を支える丁寧なステッチ。
かかとを踏んではけるタイプだ(そんな履き方をするかどうかは別として)。

~内なる女神さまとふれあう~ という、
鯉沼香帆さんが誘導するマンダラ・ワークショップを
体験してきたばかりの身としては、まさに内なる女性性の象徴のような、
ロマンティックなピンクローズには、
どうしたって、素通りすることができない吸引力を感じる。
とはいうものの…

(この色に合わせる服装…)
(この靴を履くシチュエーション…)

思いうかばない。
足元だけが浮きそうな気がする。
無理っぽい。

でも、靴の波動がわたしを呼ぶのだ!

どうする?

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

興福寺北円堂へ急げ!
世界屈指の彫刻
日本のルネッサンス!
ミケランジェロを超えた!


と、リーフレットに書いてあるが、誇張なんかじゃない。

無著(むちゃく)と世親(せしん)

はかりしれない徳と知と慈愛にあふれた、
そのたたずまい、その品格……

日本肖像彫刻の最高傑作と呼ばれるこの彫像(国宝)

後姿も、頭部のかたちも、表情も、
何をとっても、どこから見ても、隙も欠落もない。
なんだろう、なんて表したらいいんだろう。
ただ、圧倒される。
言葉を失う。
目をはなすことができない。
動くことができない。

続きを読む

テーマ : ◆◆日々の暮らしを楽しむ◆◆
ジャンル : 結婚・家庭生活

足りないもの
 ← クリックで拡大 左は冊子が入っていた封筒の裏

今までは一生懸命。
今は本気になった。
そう、一生懸命の上に本気があった。



贈られた小冊子のなかで、いちばん、胸を打った言葉だ。
一生懸命になるのは、実は、とてもかんたんなことだ。
すぐにできる。誰にでもできる。
いつだって、なんだって、どんなことだって。

でも、それだけじゃ… 「それだけ」。

一生懸命以外の、なにものにもなれない。
それだけじゃ、だめなんだ!
それだけじゃ、イヤなんだ!
それだけじゃ、今いる場所から、どこにも行けないんだ!

越えるためには?
超えるためには?

それがわかった!

続きを読む

テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

みるこちゃんとミルコさん
音連れることばを駆動力として、
前に進むために、ことだまに導かれたのだ



子どものころ、二つ年下の妹と、
「みるこちゃん・お兄ちゃんごっこ」という遊びをしていた。

妹とわたしが、みるこちゃんとお兄ちゃんになるだけの遊びだ。
「お兄ちゃん」 役のときは、男口調で話し、妹を 「みるこ」 と呼びすてにし、
何かを命令したり、エラそうなことを言い、たまには優しいところもある兄になった。
みるこちゃんは、やさしくて従順で、お兄ちゃんのことが大好きだった。

お兄ちゃんに名前はなかった。
自分たちではない誰かになって、遊ぶことが新鮮だったのだろうか。
ふだんは言わない言葉や、ふるまいを、
お兄ちゃんとみるこちゃんを通じて、演じられることが、
たまらなく楽しかったのかもしれない。

どちらかが、「みるこちゃん・お兄ちゃんごっこしよう!」と言いだした瞬間から、
わたしと妹は、「姉(ゆみよ)」と「妹(ひろみ)」ではなく、
「みるこちゃん」と「お兄ちゃん」になって遊んでいた。
いつから、そんな遊びを始めたのか、二人とも全く記憶にない。

それにしても…
「みるこちゃん」という、変わった名前は、いったい、どこからやってきたのだろうか。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

そこは、そういう場所
 ← クリックで拡大 ツボ押し棒

~ 赤ちゃんを産んだ人と、これから赤ちゃんを産む人へ ~


◆「そこ」はそういうところだったんですね


あたたかい!
ハクキンカイロをあてているように、じわじわぽかぽか。
外からじゃない。内からだ。

「そこ」に何かがある。
両手のひらで軽く形づくれるくらいの小さな宇宙。
骨盤の中が、熱い。
ぐるぐるとエネルギーがまわっているのがわかる。
今まで何もなかったところに、満ちてきた何か。
クンダリーニの覚醒って、これの「すごい版」なんだ。きっと。 

続きを読む

テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ご連絡はこちらから
鑑定の予約・質問・感想など、お寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

浜田 えみな

Author:浜田 えみな
こんにちは! ブログに来てくださってありがとうございます! H11生まれの長男と、H14生まれの長女の二児の母です。文章を書くことが好きなので、フルタイムで仕事をするかたわら、あれこれ書いています。H26年8月に薦められた短歌にハマり、現在その世界観を模索中です。よろしくお願いします。