FC2ブログ
<<07  2010,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
タラソテラピー (1)
← クリックで拡大 テルムマランから眺める入江のヨットハーバー


失ったと思っていたもの。
損なわれたと思っていたもの。
戻せないと思っていたもの。
変わったと思っていたもの。
あきらめていたもの。

魔法みたいに、とりもどすことができる。
かわらないものが、かわらずに、そこにある。


続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : ママのひとりごと。
ジャンル : 育児

ラグーナ蒲郡
 ← テルムマランから見たラグーナ


あの笑顔を、がまんさせてしまうところだった
ちょっと、胸を打たれた

守りたくなる

くじけそうになるたび、
あの、一瞬の笑顔を、おもいだした

続きを読む

テーマ : ママのひとりごと。
ジャンル : 育児

チョークアート講座・阿倍野(8月)
クリックで拡大


必要なものが、近づいてくる。
つながっている感じは、とても、うれしい。


続きを読む

テーマ : お絵描き・ラクガキ
ジャンル : 趣味・実用

『ミラコロ』
 ← クリックで拡大


「針もいらないよ。浮きと錘さえあれば」

花芯部の丸い池を囲む五つの小さな池。
花の形にひらいた釣堀で
折りたたみの小さなパイプ椅子に腰掛け
針のない糸をたれるような、
そんな時間を必要としている人物……

ミラコロ とは、奇蹟。
奇蹟のものがたりだ。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

ルルとナミ
CIMG3686_convert_20100823212824.jpg ← クリックで拡大 ナミ CIMG3730_convert_20100823213113.jpg ← ルルとナミ

                ← 本当に、仲良し      


昨日はできなかったんですよ。
今日は一度でできた。

今日は朝からずっと、ルルと一緒だから。
ルルは、こういうの、得意だからね。

続きを読む

テーマ : ママのひとりごと。
ジャンル : 育児

出世
「すごいな。いつのまに !? 
ヤフーで検索したら、省吾と並んでたで」
「え、うそー」
「ホント、ホント、出世したよねー」

すぐに検索キーをたたいちゃった。
本当だ。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

マリッジリング
プラチナの輝きは、
こんなにも安らいだ、真摯な光をともすのだと感じ、
久々に指輪をはめてみようかと思った。


続きを読む

テーマ : ママのひとりごと。
ジャンル : 育児

言葉のどしゃぶり
不意におさえきれなくなると、
もう、とめどなく、あふれだしてくる。
出しつくしてしまうまで、
夢中になってしまう。


続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

ボストン美術館展
CIMG3669_convert_20100817185920.jpg ← クリックで拡大 京都市美術館


ふっと、

呼吸のできる風が吹いてきたような、
はりつめた力を抜いていいような、
その前にずっと立っていていいような、
ぽっかりと表情がゆるむような、
安らかさを感じた。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

グラン・ブルー
 ← クリックで拡大


ジャックに会ってきた
エンゾに会ってきた
ジョアンナに会ってきた
イルカに会ってきた 


続きを読む

テーマ : ママのひとりごと。
ジャンル : 育児

夜の美術館
← クリックで拡大 デジカメ買いました!


人のいない美術館って、大好きだ。
夜の美術館。
海と空が寄せてくる美術館。
しんしんと、ひたひたと。
大好きだ。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

,野原のように
三十枚の短編でも、五百枚の長編でも、
伝えたいことは、ワンセンテンスだ。



そこにたどりつくまでの機微やテンションの操作が、
ものかきとしての醍醐味だと思っている。


それが苦しくもあり、楽しい作業だからだ。
なので、その部分がまったく省略されたツイッターは
(わたしのツールとしては)、ちがうと思っていた。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

アタック
こんな、ささいなことだけど、
ひとつ、尾根をこえた気がする。
そんなつみかさねの達成感が、
最高峰のアタックへ… 
つながっていると、信じている。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

うちのおじょうさま
← 1年くらい前に描いた絵


ほんとうにうれしすぎると、
顔がバラバラになるのだなあ
もうどうにも収拾のつかなくなった顔で
転がるように飛んでいく

続きを読む

テーマ : ママのひとりごと。
ジャンル : 育児

境界線の呼び名
  ← クリックで拡大


「あたし、こんなんでいいと思う?」

               『ひとり日和』(青山七恵著 河出書房新社)より

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

ピアス
ずっとつけてたら、あなあくでぇ
もう、あいてるのよ

続きを読む

テーマ : ママのひとりごと。
ジャンル : 育児

最強の
もてるものすべてを、笑顔にたくそう。
笑顔しかない。
笑顔ならある。

そのことは、わたしを、ささえてくれる。

続きを読む

テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

さがしもの
波と風が手をつなぎ、
波の跡は風の跡に、
風の跡は波の跡に

風のこたえが見えるという 
砂に残されたこたえをききに、砂丘をめざせ!



見つかりました! 昨日からのさがしもの。

どうして、すぐに見つからなかったのだろう。
化かされたみたいな気持ちだ。

わたしは、何をさがさねばならなかったのだろう?

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

すくう
救ってもらうためではなく、自分で自分を救うために


『真綿荘の住人』という、島本理生さんの連作短編小説の中の言葉だ。

物語は、真綿荘に下宿している一風変わったニュアンスの住人たちが、
縦糸になり横糸になって織りなす、不器用で、不恰好で、
でこぼこだらけのラブストーリー。

島本さんの作品を読んでいると、
ていねいに描写された登場人物たちのビジュアル、性格、行動、場面、
特徴のある会話の文体などのせいか、
(二十代のころ)夢中で読んだ質の高いコミックに
感情移入していたときのような感覚におそわれる。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

好きなんです
 ← デジカメ、やっぱり壊れたような…

好きなんです。この人の文章。


続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

一枚の写真から
土門拳記念館の扉は厚くて重い。


「“この重さがいい”って、おっしゃるんですよね。あの重たーい扉が」
「?」
「ここ不便でしょう? 新幹線や列車や、朝早くから何時間もかかって乗り継いできて、
やっとの思いで酒田駅についても、そこから、スグじゃないでしょ?(笑) 
本数の少ないバスや、タクシーに乗って、ようやく記念館にたどりついて、
フゥって一息ついて。それからまた、ヨッコイショって、扉を押さなければならない。
今どき、自動ドアじゃないなんて、珍しいですよね~(笑)
でも、扉の前に立つと、“ああ、来たんだなぁ”って思うって。
その重い扉を、からだじゅうで押しながら、
“この扉の向こうに、素晴らしい作品が待っているんだ”って思うって。
それが感じたくて。その重みを感じたくて、
遠くても、何度も何度も通ってしまうって、おっしゃってくださるんですよ」

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ご連絡はこちらから
鑑定の予約・質問・感想など、お寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

浜田 えみな

Author:浜田 えみな
こんにちは! ブログに来てくださってありがとうございます! H11生まれの長男と、H14生まれの長女の二児の母です。文章を書くことが好きなので、フルタイムで仕事をするかたわら、あれこれ書いています。H26年8月に薦められた短歌にハマり、現在その世界観を模索中です。よろしくお願いします。