FC2ブログ
<<02  2012,03/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  04>>
「一号一惠」 ~ 精神の輪郭 ~
言葉も発せず、目も見えず、
息をしたこともない塊が、
誕生という出口をめざして、

ある方向性をもった運動を、
やみくもにくりかえしながら、調和していく。
全く別の精神をもった熱い生命のエネルギーが、
とまどい、せめぎあい、ぶつかりあう。

そんなすごいものが、
自分の中を通ってきた。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

村松恒平氏 「自己表現の夢をかなえたい」セミナー開催 in 大阪(H24.4.12)
テープ起こしの原稿を読んでも、
録音された音源を聴いても、
動画で姿と声を観ても、
得られないもの。

それ一つあるだけで、
いつだって、どこでだって、何十年だって、
力が湧き続けるようなエールを、
参加された皆さんに持ち帰っていただきたいと願って、
このセミナーを企画しました。


*    *    *

村松恒平先生をお迎えして、セミナーを主催します!

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

分かち合いの法則と感動達人 ~ 堀内正巳さんのセミナー ~
CIMG5286_convert_20120326213555.jpg CIMG5288_convert_20120326213636.jpg

自分の名前が、
別人のように見えて、うれしくなった。
角なんかなくて、
丸がいっぱいある名前の文字。

こんなにわたしの名前は、
まるくてやわらかなんだと感じた。
自分の名前がいとおしくなる。
ダイアリーにも、手帳にも、押しまくり! 
だれかに手紙を書きたくなる。
メールの署名のあとにも押したくなる。
押せないのに。

ゆみよ(ハンコ)

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

『言葉のクロッキー』をしませんか?
クロッキーは、
短い時間で本質を取り出す作業。

造形を超えて、写実を超えて、
挑んでくるものの声を、聴いて、応えること。

いくら感じても、いくら受け止めても、
線を描かなければ、呼応できない。

応えたい。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「一号一惠」 ~ さなぎ・本能・選択 ~
本能とは、「今」を生きぬく決断。
過去も未来もなく、
ただ、「今」に必要な、
その一瞬のための行動を決断をする力。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「ねぎらいの書展」 ~ さなぎ ~
CIMG5193_convert_20120306003654.jpg CIMG5186_convert_20120306003628.jpg

さなぎのようだ。

何か別の、たとえば真逆の、
もっと乱雑で、もっと突きぬけた、
もっと美しい、もっと進化した、
激しいエネルギーの息吹のようなものが、
ざわざわ、と均等に並べられたすきまの奥で、
ブレイクスルーを待って、
静かに呼吸しているような、
そんな気配。

もう始まっている。もう止められない。
羽化に向けて。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

家で眠っている手芸用品を宮城へ!(カフェたゆたう)
針一本で。糸一巻で。小さなハギレで。
人は、気持ちと気持ちを縫い合わせ、
生きていく力をつなげていく。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

種 ~ 『現代の覚者たち』 ~(1)
同じ言葉なのに、気づきが違う。
起こすアクションが違う。

どんなに深く奥行のある偉大なものとの出会いでも、
そのときの自分の器でしか活かせない。

だから、成長していく。
だから人生はおもしろいんだ。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「一号一惠」 ~ 種 ~
種に包括されているもの。
その小さな粒に
プログラミングされている起動スイッチ。
時間。空間。生命。
のぼりたつオーラを鎮めて、
雄弁に沈黙している。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ご連絡はこちらから
鑑定の予約・質問・感想など、お寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

浜田 えみな

Author:浜田 えみな
こんにちは! ブログに来てくださってありがとうございます! H11生まれの長男と、H14生まれの長女の二児の母です。文章を書くことが好きなので、フルタイムで仕事をするかたわら、あれこれ書いています。H26年8月に薦められた短歌にハマり、現在その世界観を模索中です。よろしくお願いします。