FC2ブログ
<<01  2013,02/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03>>
手紙を書こう
そうだ。手紙を書こう。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

つながり  ~虹のように幸福~
自分のなかのあらゆる感情を知り、
存在を認め、ミカタにできたとき、
その彩を虹のように空にかけて、
人とつながることができるのだとわかった。

どの感情も、
つながるための架け橋であること。
どの感情も、
虹のように幸福であること。
どの感情も、
優劣なく等価であること。

そのことがわかったから、無敵だ。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

旧暦正月 大阪一宮四社参り ~神様からの手紙~(3)
 ←クリックで拡大

意味の呪縛から解き放たれた「音」の旅立ち。
その先を感じ分けていくことは、心躍る探訪

音から感じるものなのか?
文字から感じるものなのか?

文字も音もない手紙が伝えようとしたもの。

神様は、人の姿を借りて音連れる。
人との出会いは、神様からの手紙。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

旧暦正月 大阪四社参り ~神様からの手紙~(2)
CIMG6322_convert_20130219232144.jpg ← クリックで拡大

口の中でころがしていると、
なんともいえない情感とともに、
言葉にできないあわいのなかに消えていく。

「まほろば」と呼ばれる場所は、
いったい、どんな場所だろう。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

わくわくバレンタイン
CIMG6336_convert_20130214222604.jpg

「えーーーーっ もしかして、
もらったん??????」(喜)
「いや、そりゃ、クラブとか、塾とか……」(照)
「みんなと一緒?」(落)
「うん」(平)
「ちょっと見せてよ~」(興)
「もう食った」(素)
「ええっ 袋とか箱とかにも入ってないの?」(疑)
「うん」(暢)

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

旧暦正月 大阪四社参り ~神様からの手紙~(1)
CIMG6308_convert_20130213193015.jpg ← クリックで拡大

言葉は何も浮かばなかった。

言葉がとても不自由だということや、
言葉にできないたくさんのものを、
わたしたちは感じ分けていることを、
知らされるように。

神様からの手紙は文字のない手紙

守られ続けている
いつも佳き日

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

ゆみ*ゆみ(1) ~瞬感画~
CIMG6303_convert_20130209215523.jpg ← クリックで拡大

人は、形を見たとき、
そこに意味をつけずにいられない。

たくさんの線があり、
たくさんの動きがある。

いつ、どこを見ても、
初めて迷い込むような、
新発見のエリアがある。

それは、自分の中への
無限のアクセスコード

物語を創らずにはいられない。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

エッセンシャルオイル・ランチブッフェ付 メディカルアロマ講座のご案内
アロマを使うことは、
その植物の育ってきた環境の
物語を聴くようだと思っています。
アロマトリートメントは、
セラピストがその物語を
その人だけのために奏でてくれるもの

まだ聴いたことのない物語と
つながってみませんか?

続きを読む

テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

春の兆し ~京都伏見・たゆたうカフェ~
CIMG6287_convert_20130208220454.jpg ← クリックで拡大

こんなに寒く、くもった空の下にも、
春を招く呼吸がある。

今、冷たい風の中で芽を出していないと、
春に咲けない。

自分が一番すごいことを知っている。
自分が一番すてきなことを知っている。
自分が特別なことを知っている。

今は、まだ小さい芽。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

河原の石 ~ 村松恒平先生の秘伝メルマガ 272号より ~


文筆で食べていくということは、
河原で石を売ることなのだろう。
誰が書いても等しく同じ文字を使って、
ただ、その並べ方を変えるだけで。

才能はどんぐりのせいくらべ。
ごろごろ転がる河原の石だ。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

節分と「秘密会議一味の会」


今日は節分。
何を祓いますか?

***

今いる場所から出ようとして、
がむしゃらに押していた力をゆるめたら、
音もなく向こうから開け放たれる。

そんな扉の前で、
わたしたちは立っているのではないだろうか。
引けば開くドアを渾身の力で押し続けて。

続きを読む

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ご連絡はこちらから
鑑定の予約・質問・感想など、お寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

浜田 えみな

Author:浜田 えみな
こんにちは! ブログに来てくださってありがとうございます! H11生まれの長男と、H14生まれの長女の二児の母です。文章を書くことが好きなので、フルタイムで仕事をするかたわら、あれこれ書いています。H26年8月に薦められた短歌にハマり、現在その世界観を模索中です。よろしくお願いします。