FC2ブログ
<<03  2014,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
「どうでもええやん」 ― ん
しりとりの「ん」みたいなもの。

否定や逃避ではなく
次元上昇するマシン。

リセットするのではなく、
ステージを変える。
スポンサーサイト

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「受容」 ― 平安
幾つかの小さな、
または大きな、

時に、
かすかに波立つような、
時に、
何もかもをなぎ倒すような、

自分の最も深い部分からの、
感情のプロセスを経て、

おとずれる平安。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「身の丈」 ― 制限速度
身の丈は、制限速度みたいなもの。

超えなければ咎も負荷もないけれど、
少し超えるくらいが爽快。

だけど、超えすぎると
オーバーヒートやクラッシュ。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

岡田恵さん EXカードワークショップ(於:森邸)レポート
CIMG8575_convert_20140427202824.jpg ← クリックで拡大

こんなに
いろんなチカラがあるのだとわかる。

こんなに
いろんな感情で
満たされているのだとわかる。

だれひとり、同じ人はいなくて、
それぞれにひたむきで、
気高く美しいチカラ。

続きを読む

テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

「選択」― アトラクション
選択肢があれば、どれにすればいいかで迷い、
選択肢がなければ、やるかやらないかで悩む。
何を選んだとして選ばなかった道を振り返り、
別の道を選んだ人から目をそらす。

はかりにかけているのは、なんの重さだろう?

きちんと目をあければ、
選択肢などないことが、くっきりと視えるはず。

なぜならば、
生まれてくるときに、
生涯の選択は全て終えているから。

どんな選択も、
今世というテーマパークのアトラクション。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「直感」― 未来測 
原始の魂に直結するもの。

過去の経験にアクセスしないで、
まだ体験したことのない未来へ、
瞬時に駆け抜けるガイド。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「依存」 ― 虚構
依存することで補っているものは何?

それがわからないまま繰り返される行為は、
虚構のすきまを埋めるようなもの。

いくら注いでも満たされない。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

評価」― 存在
他人にゆだねないもの。

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

「ネガティブ」 ― 反転
ネガフィルムのように、
望めば反転できるもの。

陰と光。
暗さと明るさ。
黒と白。

ネガティブは、
すべてを反転できるエネルギー。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

ろばみみ日和
登場する人は、「役」なんだと思う。
起こることは全てシナリオ。

「役」に割り当てられた人たちに
感情的になっても仕方ないし、
自分もまた、シナリオの中の「登場人物」だから、
誰にどんなふうに思われたとしても、
どうにもできない。

シナリオは人それぞれ。
同じ場にいて同じことを共有しても、
投影されるストーリーは、ちがっている。

気づくまで、シナリオは繰り返される。

続きを読む

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

「無意識」 ― 覚醒
無意識は、祈りが届く場所。
無意識は、呪いがかかる場所。

ふりそそぐ祈りを受け取り、
自分にかけた呪いを識る。

無意識は、意識を閉じると、
目覚めるもの。

解放と再生の場所。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「習慣」 ― 車輪
習慣は、人を運んでいく車輪。
習慣のままに、道は分かれ、
習慣のままに、人を運ぶ。
だから、一つ、
美しい習慣を身につける。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「罪悪感」 - ダミー
被害者になるためのかくれみの。
加害者にならないための枷。
罪を負わないためのダミー。

なんで必要なのか?
なんのためにまとうのか?

演じ続けても、
ダミーの罪は、つぐなえない。
ダミーの罪は、救われない。

そんな舞台を、早く降りたほうがいい。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「美意識」 ― 仮面
私を甘えさせてくれないもの。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「焦り」 ― 迷子
焦りは、
「今ここ」にいないことを教えるサイン。
今いる場所が、
自分の軌道ではないことを教えるサイン。

どこまでも、
ただ、もがきあえいでいるような、
とまどいや不安や徒労感は、
足元に、踏み込む場所や、
足がかりとなる大切な「場」がないことを
教えるサイン。

怒りや、寂しさや、みじめさは、
そのことに気づかず、
人を見て、
自分を見ていないことを教えるサイン。

自分の軌道に戻れというサイン。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「枠」 ― 遣う
意識しているのは必要だから。
とらわれているのは間違えているから。

安心で安全に守られるために携えたものに、
可能性や可動域を奪われ、閉じ込められている。

必要なときにスタイルとして、
必要なときにガイドとして、
必要なときに結界として、
必要なときに窓として、

フレキシブルに形を変えるヴェールのように
枠をまとい、枠を遣う。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「ミステリアス」 ― 期待
雲ひとつない晴れた空は
そんなに長く見ていられない。
でも。
そこに一片の雲が現れたら
そのうつろいから目が離せない。
一羽の鳥が飛びこんできたら
目をこらして行方を追う。

何も置かれていない部屋は
それ以上何も語らない。
でも。
そこに一つ箱があれば、
息をひそめて何かが起こるのを待つ。
そこに一つ傷があれば
その物語に思いを馳せる。

ミステリアスは
見えないものではなく、
見えるものの中に、
見つけたいと期待するもの。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

「シンプル」 ― 禊
状況や感情に翻弄され、
ぐちゃぐちゃな自分がいたとしても、
言い訳を重ねたり、
そこから答えを探しだしたりせず、
全てをそぎ落としていくと、
シンプルという禊のような、
ありのままの自分。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

岡田恵さん主催 EXカードワークショップ(H26.4.26)
t02200220_0640064012531382153.jpg t02200165_0800060012531335674.jpg ← クリックで拡大

一瞬にして、
ここではないどこかへ運ばれていく。

そこはどこなのか? 
それはいつなのか? 
かつていたことがある場所なのか?

細胞が、記憶の全てに
アクセスしているような強い既視感。

続きを読む

テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

浜田温泉倶楽部活動報告(鞍馬温泉) ~やりたいことみんなできた!(下鴨編)~
CIMG8411_convert_20140402211424.jpg CIMG8417_convert_20140402221547.jpg CIMG8422_convert_20140402211756.jpg

CIMG8424_convert_20140402211837.jpg CIMG8434_convert_20140402212254.jpg CIMG8436_convert_20140402212340.jpg

河合神社で美麗祈願と美人水!
下鴨神社で良縁祈願!
みたらし団子とわらび餅!
おしゃれなデリランチ!
貴船神社で良縁祈願!
鞍馬山縦走! 六芒星!
鞍馬温泉でボンジュール!

続きを読む

テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ご連絡はこちらから
鑑定の予約・質問・感想など、お寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

浜田 えみな

Author:浜田 えみな
こんにちは! ブログに来てくださってありがとうございます! H11生まれの長男と、H14生まれの長女の二児の母です。文章を書くことが好きなので、フルタイムで仕事をするかたわら、あれこれ書いています。H26年8月に薦められた短歌にハマり、現在その世界観を模索中です。よろしくお願いします。