FC2ブログ
<<06  2014,07/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
← クリックで拡大

短歌とは「今」だけを乗せて走る舟 過去も未来もない「今」だけを  

短歌とは 感じる瞬間(いま)を乗せた舟 いつの瞬間(いま)にも 誰の瞬間(いま)にも


浜田えみな

続きを読む

スポンサーサイト



ハイビスカス
 ← クリックで拡大

その赤は風あめひかり ハイビスカス 一日花(いちにちばな)の勇気と誇り


浜田えみな
美ら海水族館
CIMG9080_convert_20140726151033.jpg ← クリックで拡大

壁を知り壁を忘れて壁を超え 果てない海を君は悠々

壁じゃない 曲がれば次に進む道 うつむかない君ずっと見ていた



浜田えみな
珊瑚の鼓動
 ← クリックで拡大


あしもとのかすかな呼び声すくいとり耳にあてたる珊瑚の鼓動

このかたち数多(あまた)の白砂に紛れても響きあう鼓動(おと) 珊瑚の記憶



浜田えみな
やどかり
 ← クリックで拡大

背中にはいつだってジャストマイサイズ夢を履きかえ白砂のやどかり

浜田えみな
サンセットビーチ
 IMG_7163_convert_20140725220913.jpg IMG_7166_convert_20140725220956.jpg

燃えながら沈みて始まる夕映えは たった一度の逢瀬のごとく

浜田えみな

続きを読む

オキナワ
 ← クリックで拡大

降り立てばドンと一発 歓迎の空砲放てり夏の入道

浜田えみな
開花
af102295cfe6ab9de0ccbeed18bcf05a_m.jpg

花の香に光と虹と風を乗せ目覚め待つ種 送りだす舟


浜田えみな

続きを読む

 ← クリックで拡大

光とは闇にいてこそ導(しるべ)なる見まごうことなき ただ一つの道


浜田えみな
雨の手紙
 ← クリックで拡大

蓮の葉があんなに空を仰ぐのは雨の手紙が待ち遠しくて

追伸は集めた雨に映り込む雲と光とたまさかの虹

読み終えた手紙をそっとしまうとき揺れて蓮の葉まわる水音



浜田えみな

続きを読む

めくるめく

CIMG8865_convert_20140622210300.jpg

恋なんて どこかにつけたはずなのに思いだせないはがれた付箋


浜田えみな
普通であること
誰一人あなたの歩幅で歩けない あなたが誰にもなれないように

アンダンテ 誰も呼吸やまばたきを競ったりせず比べたりせず

伝えたい なんてことない日々でさえ誰もあなたになれないことを



浜田えみな
漏斗の底
漏斗の底から、光の向こうへ。
向こうへ行かなきゃ始まらない。

続きを読む

満月
見上げれば此処は漏斗の底なのか月と見まごうまばゆさ遙か

浜田えみな
禅タロットが伝えるもの ~笑い飛ばしていけ~
CIMG8879_convert_20140711205712.jpg ← クリックで拡大

持てる力のすべてを使って、
訴えかけてくる。
全身全霊でメッセージを
伝えてくる。

けなげで。果敢で。ひたむき。

愛さずにはいられない。

続きを読む

神代杉
CIMG8920_convert_20140708200158.jpg CIMG8932_convert_20140708200403.jpg

霊峰の靡(なびき)に霞む神代杉さしのべられし手のような雨


浜田えみな
玉置神社
木霊なき朽木を覆う早緑の苔にしたたる甘露水

霧の紙垂(しで)木の根の舞に導かれ辿る奥宮鎮めり白玉



浜田えみな

今誰を演じていますかその役は何度目ですか『はだかの王様』

見えたもの見えるがままに見えないと言いたい我も言わない我も

言い訳も問いかけさえも空(くう)にして定めて晴れゆく雲の攪乱



浜田えみな
長雨
一筋に続いているなら天までも手繰っていきたい雨のベクトル

浜田えみな
本棚
また増えたハウツー本の背表紙は断捨離できないヴィジョンの卒塔婆


浜田えみな
エール
越えてゆけ
蹴散らしてゆけ大股で 
つまずく石を数えたりせず

越えてゆく
蹴散らしてゆく大股で 
つまずく石を数えたりせず


浜田えみな

続きを読む

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ご連絡はこちらから
鑑定の予約・質問・感想など、お寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

浜田 えみな

Author:浜田 えみな
こんにちは! ブログに来てくださってありがとうございます! H11生まれの長男と、H14生まれの長女の二児の母です。文章を書くことが好きなので、フルタイムで仕事をするかたわら、あれこれ書いています。H26年8月に薦められた短歌にハマり、現在その世界観を模索中です。よろしくお願いします。