FC2ブログ
<<08  2019,09/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
その道のプロに聞け ~眼鏡編~
CIMG9889.jpg ← クリックで拡大(ピンポケですが)

プロってなんて、すてきなの!
根拠があるって、気持ちいい!

プロってすごい
プロってすてき

その道のプロの話を聞くと、わくわくする
開眼する 納得する
ああ、もう、ぜんぶおまかせしようって思う


***

どんな眼鏡をかけてもズレるのは、鼻が低いからだと思っていた。

でも、「そうじゃないよ」と言ってくれた人がいた。
気やすめとか、なぐさめじゃなく、ちゃんと根拠があった。

「ちょっと見せて」
と言って、私のサイドの髪を指であげて、
「ふぅむ」と微笑んだ。

「ほら、耳の位置が目よりも高い」

(えーーーーーーーーーーーーーーーーーっ)
(そんなこと、生まれて初めて言われましたーーーーーっ)


「鼻が低いんじゃなくて、耳の位置が高いの。眼鏡は耳にかけるから、水平だったら止まるけど、高いと、ほら、斜めになって、落ちてくるでしょう? でも、ちゃんと調整できるから大丈夫」

(ほんとですかーーーーーーーーーーーーっ)

どんな眼鏡をかけてもズレるのは、鼻が低いからだと思っていた。
でも、それだけではなかったんだ!

どんな眼鏡が似合うかも、見てもらうことにした。
瞬時にわかるそうだ。
目の大きさ。かたち。
眉の長さ、かたち。

私は、目が丸く、大きいほうだ。
眉はしっかりくっきり直線的。
だから、眼鏡にも丸と線が必要なのだという。
まんまるだけの眼鏡や、直線だけのしかくい眼鏡は似合わないのだそうだ。

「丸と線がある眼鏡なんて、あるんですか?」

「あります。これ。ここは丸いラインで、こっちは直線でしょう?」
その眼鏡は、フレームの上側は、やわらかな弧を描いていて、下側は、直線っぽいフォルムだった。

「ほんとう……」
「かけてみて」
「うわあ。どきどき」
「うん。いい感じ」
「ほんとですか~」
「それから……目が大きいから、フレームの幅が狭いと、つまってきゅうくつに見える。たとえば、これ、かけてみて」

デキる女っぽい細めのフレームだ。
おしゃれだし、選んでしまいそう。かけるとどうなるのだろう?

(!)
「ほんとだ。苦しそう」

フレームの枠の中で、目がきゅうくつに見える。

そんな表現を、初めて耳にした。

「だから、最低、このくらいの大きさは必要です」
「はい。ありがとうございます! フレームの色も、いっぱいあるので迷います。どんなのがいいですか?」
「眉が濃いし、目元もくっきりしているから、暗い色より、明るい色のほうがいいです。これとこれ、かけてみて」

同じフレームの色違いの眼鏡だ。
「わあ…… 明るいほうがいいですね」
「ね。これが、今ある中で、いちばん似合う眼鏡です」
「へぇぇ……」

CIMG9889.jpg

プロってなんて、すてきなの!
根拠があるって、気持ちいい!


みみの高さ。
目の大きさ。目のかたち。
眉の濃さ。眉のかたち。
フレームと目の大きさのバランス。

プロってすごい。
プロってすてき。


その道のプロの話を聞くと、わくわくする。
開眼する。納得する。
ああ、もう、ぜんぶおまかせしようって思う。


一瞬で解放された。
四十年以上も、思いこんで、とらわれてきたことから。

こんなことってあるんだ。

どんなことにでも、その道のプロがいる。

プロに訊こう。

浜田えみな

つづきます。
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ご連絡はこちらから
鑑定の予約・質問・感想など、お寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

浜田 えみな

Author:浜田 えみな
こんにちは! ブログに来てくださってありがとうございます! H11生まれの長男と、H14生まれの長女の二児の母です。文章を書くことが好きなので、フルタイムで仕事をするかたわら、あれこれ書いています。H26年8月に薦められた短歌にハマり、現在その世界観を模索中です。よろしくお願いします。