FC2ブログ
<<09  2019,10/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
7月大阪教室(1) ~なぜ書道で生き方が変わるのか~
bosenkai.jpg 19904581_1386060344822777_1032057880_n.jpg ← クリックで拡大

書けば書くほどに、
その人の中にあるものが、引きだされていく。
隠れていた能力までも。

自分が書いたことが信じられないような素敵な線が、
自分の中から出てきたことを、
書いた人は素直に受け取っていい。


***

7月大阪教室は、社中展に向けての作品を中心にしたご指導です。
この二日間のお稽古で、「なぜ書道で生き方が変わるのか」を体感することができました。
人がどれだけ変わったかを、はかってくれるものさしはありません。単位もありません。
でも、「書」は見えます。一枚ごとに変化が見えます。
〈人には言われたくない〉ことも、「書」からなら受けとれます。
なぜなら「自分が書いた」からです。

何十枚も、書いて、書いて、不意に出てくる線。
奥底に隠れていたものが、むかれて、はがれて、あらわれていく。
あらわれたものに気づく。受け取る。認める。

さらに、書いて、書いて、むいて、むいて、すっきりと不要なものが抜けていく。
どんな「書」があらわれたとしても、それは自分だから、目をそらさずに観る。
書いて、書いて、書いて、書いて。書くことで、磨かれていくことを知る。

書けば書くほどに、その人の中にあるものが、引きだされていく。
隠れていた能力までも。
自分が書いたことが信じられないような素敵な線が、自分の中から出てきたことを、書いた人は素直に受け取っていい。
書いた人が、いちばん、わかります。
そんなことを感じました。

それから、 福田 房仙 (Bousen Fukuda)先生がお話してくださった「フェイスブックでつながること」についてを、(1)前編で書いています。
詳細は、こちらのブログで → ★★★

浜田えみな
(写真は、 向井 美貴 (Miki Mukai)さん撮影です。ありがとうございます)
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ご連絡はこちらから
鑑定の予約・質問・感想など、お寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

浜田 えみな

Author:浜田 えみな
こんにちは! ブログに来てくださってありがとうございます! H11生まれの長男と、H14生まれの長女の二児の母です。文章を書くことが好きなので、フルタイムで仕事をするかたわら、あれこれ書いています。H26年8月に薦められた短歌にハマり、現在その世界観を模索中です。よろしくお願いします。