FC2ブログ
<<09  2019,10/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
春燕
DSC00367_convert_20190420004115.jpg ← クリックで拡大

信じられないほどの、あたたかな気持ち。
家の中にいても、ツバメのぬくもりに、包み込まれているような。
玄関に二羽のツバメがいてくれる。
ただ、それだけで、こんなに、あたたかい。


***
実家は、二十年以上前から、毎年、春になるとツバメが、玄関ポーチの天井に巣作りをするようになっていて、母はとても楽しみにしていた。

ツバメが巣を作る家は、幸せが訪れるとか、病人が出ないとか言われているので、父と母の暮らす実家がそのような場所であることが、安寧の象徴のようで、私もとても嬉しかった。
春から夏にかけて、実家に行くと、だんだん大きくなって巣からはみだしていくひなの様子が見られるので、子どもたちも楽しみにしていた。
母は、毎年のツバメの様子を、飽きもせず、撮りためて現像し、飾ったり、私に送ってきたりしていた。

ツバメの訪れが途絶えたのは、母が骨髄の病気になった時期と重なっていたと思う。

「病人のいる家には来ないんやね」

という母のつぶやきに、言葉を返せなかったことを覚えているからだ。
それから、次の年も、次の次の年も、ずっと、ツバメは来なかった。
母の病状も、静かに悪くなっていった。

ツバメが巣を作りやすいよう、玄関ポーチの天井には、父が小さな木の台を備え付けていたので、春、あちこちでツバメの巣が見られるころになると、からっぽの台が、ことさらにさびしく、むなしく感じられた。

昨日の朝、鳥の声がうるさいほどあふれていた。
何事だろう? と思って、玄関を開けて庭をのぞくと、門のところと、ガレージの物干しざおの上に、ツバメがとまって、逃げもせず、ずっと鳴いている。
見渡すと、その2羽以外にも、住宅街の空に、ツバメがたくさん舞って、さえずっている。

(ツバメが渡ってきたんだ!)

母が待ちわびていたツバメ。
どこかよそに巣をつくったツバメが、うちの庭にも遊びに来てくれたのだと思った。

「来年は、巣を作りに来てね。お母さんが歓ぶから」

と、手を振った。ぜんぜん逃げるそぶりがないのが不思議だった。

私は知らなかったのだ。
庭で鳴いていたのが、なわばり宣言だったということを。

今朝も、やはり朝早くから、ツバメの鳴き声が聴こえていた。
庭に出ると、ツバメが門のところにとまっている。
ふと見ると、別のツバメが、くちばしに泥や藁のようなものをくわえて、飛んでいるのがわかった。
しっぽが、すーっと長く、雄だとわかった。
つがいだったのだ。

よく見ると、父が作った木の台から、なにやら、もくもくとした泥のようなものがのぞいている? ように見えた。
もしかして、巣作りが始まっている?

(ほんとうに?)

そして、夜、仕事から帰ると……

DSC00366_convert_20190420003945.jpg ← クリックで拡大

玄関の灯りの上に、何かこんもりとした影が乗っている
長い尾。

(ツバメ!)

そして、巣を見ると、そこには、雌のつばめが。

DSC00367_convert_20190420004115.jpg ← クリックで拡大

(えーーーーーーーーーーーっ!)

信じられないほどの、あたたかな気持ち。
家の中にいても、ツバメのぬくもりに、包み込まれているような。
玄関に二羽のツバメがいてくれる。
ただ、それだけで、こんなに、あたたかい。

DSC00368_convert_20190420004222.jpg

雌のツバメが巣にいるので、もしかすると、たまごを生んだのかもしれない。
今もずっと、あたためているのかもしれない。

私が実家にいるときは、ツバメは来ていなかったので、私はツバメの子育てと共に暮らすのは、初めての経験だ。

〈病人のいる家に巣づくりをしない〉というのは、ほんとうなのだろうか。
母が闘病していた五年間、ツバメも近寄りがたいほどの病の気配に、この家はおおわれていたのだろうか。
母が亡くなって、ツバメが戻ってくるなんて。

認知症の父は、ツバメ的には、病気ではないのかもしれない。
ときとして、認知症の父と生活することは、心がすさんで、どろどろの気持ちになってしまうことも少なくないのだけど、

なんだかね。
春の兆しだね。
しあわせ、って思える気配に、この家は、包まれているのかもね。
少なくとも、ツバメが安心して子育てできるくらいには。

母が待ちわびていたツバメ。
父と私を、見守りに来てくれたのだと思う。

巣立ちの日を、どうぞ無事に迎えられますよう。
ツバメも、わたしも。

浜田えみな

久々に、こちらのブログに投稿しました(^^)
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ご連絡はこちらから
鑑定の予約・質問・感想など、お寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

浜田 えみな

Author:浜田 えみな
こんにちは! ブログに来てくださってありがとうございます! H11生まれの長男と、H14生まれの長女の二児の母です。文章を書くことが好きなので、フルタイムで仕事をするかたわら、あれこれ書いています。H26年8月に薦められた短歌にハマり、現在その世界観を模索中です。よろしくお願いします。