FC2ブログ
<<08  2019,09/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
吉野弘
CIMG4417_convert_20110528214102.jpg


君自身を運転してみろ


                 -吉野弘全詩集より-

厚さ六センチの全詩集を、ぱっと開いて、飛びこんできたのが、この言葉だった。
一八八ページの一行目。

それ一語で、電撃が走りぬけるような言葉がある。
それ一語で、切りこむような覚醒を呼ぶ言葉がある。

“君自身を運転してみろ”

その瞬間、乗りこんでいた。運転席におさまっていた。

初めて教習車に乗りこんだときのような、ぎこちなさ。

右手はハンドル、左手はシフトレバー。踏みこみきれないつま先。ずれた座席。息苦しいシートベルト。前後左右、一体感のまるでない、心もとなさ……

何もわかっていなかったじゃないか。車幅も。車高も。内輪差も。排気量も。燃費も。加速も。

あのカーヴは曲がれるのか?
あの道は通れるのか?
空間認知できているのか?
減速しないでいいのか?

迂回すべきじゃないのか?
ガソリンは満タンなのか?
どんなタイヤをはいているのか?
メンテはできているのか?

スポーツカーなのか?
軽自動車なのか?
荷車なのか?
そもそも、車なのか?

船だとしたら、陸をゆくのは無理だろう。
飛行機だとしたら、空を飛べるだろう。
ロケットだったら、宇宙を目指せ。

車で海を目指さぬよう。
船で平原を目指さぬよう。
飛行機で宇宙を目指さぬよう。
ロケットで野辺を目指さぬよう。

車でも船でも飛行機でもロケットでもない、自分自身。

慣らし運転なら終わりにしろ。
借り物の代替車なら乗りかえろ。

行路をどう選び、どう乗りこなすのだ? と、問いかけられた。

浜田えみな
 
スポンサーサイト



テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ご連絡はこちらから
鑑定の予約・質問・感想など、お寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

浜田 えみな

Author:浜田 えみな
こんにちは! ブログに来てくださってありがとうございます! H11生まれの長男と、H14生まれの長女の二児の母です。文章を書くことが好きなので、フルタイムで仕事をするかたわら、あれこれ書いています。H26年8月に薦められた短歌にハマり、現在その世界観を模索中です。よろしくお願いします。