FC2ブログ
<<08  2019,09/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
『三月の招待状』 ~ブレーキ~


人は誰でも、人のために、行動する
だったら、とびきり素敵な笑顔のために


*    *    *

角田さん よくぞ言ってくれました。

(そうか、この言葉だったんだ)

かさぶたみたいだ。
かゆくて、かゆくて、かきむしりたいのにがまんして、イリイリちりちり耐えていて。

(なぜがまんするんだろう? どんないいことがあるんだろう?)

(ええい!) って、

(もうどうなってもいい!) って、

ついに、一気に、爪でかききった瞬間! みたいな。
やってしまった爽快な気持ち! 
爪に残るかさぶたを皮膚からはがす感触。

(あああ!)

で、かさぶたのとれた白い皮膚から、ぷっくり盛り上がる鮮血を見て、

(ああ… やっちゃった……) って。

後悔するでなく、満足するでなく。ぺろりと舌でなめてみる。
ような。

(なんだ、わたしは知っていたんだな。知ってたけど、認めたくなかったんだな)

軽く読み始めた小説だったから、なんの心の準備もなく読まされていて、

(ヤバイ)

と身構えるまもなく、目にとびこんできた。
わかってしまったら、それは、自分が十数年間とらわれていた苦しさの答えだった。

(ああ、なんだ、これだったんだ)

と、腑に落ちた。ばかばかしくて、つまらなかった。つまらなくて、愉快だった。

*    *    *

『三月の招待状』は、大学時代の仲間五人の三十四歳から三十五歳への一年間を、それぞれの視点から描いた連作短編小説だった。性格も、立場も、環境もちがう五人の視点でストーリーは進んでいく。

恐ろしいことに、誰が主人公でも、自分のなかに同じ部分があった。小学校、中学校、高校、短大、就職してから…  今までの人生を追体験しているようだった。
かつての自分をなぞるように登場する主人公たちが、自分の気持ちを見事に代弁してくれる。
言えなかったことも。うまく言葉にできなかったことも。

角田さんの得意技の、

(そこまで言わせますかー?)

的な(……矢のような、爆弾のような、ナイフのような、鈍器のような)、さまざまな言葉の切り口。その切れ味のよさを、結果的に全方向から味わえて、とんでもなく得した気分!
サクサク読んでいたら、地雷を踏んだ。

何の心の準備もなく読まされていて、

(ヤバイ)

と身構えるまもなく、目にとびこんできて、わかってしまったら、それは、自分が十数年間とらわれていた苦しさの答えだった。

**************

自分が今まで何を目指してきたか。~中略~
成功している自分を、本気で何かに取り組んでいる自分を、ちゃんとした大人になった自分を、私はずっと宇田男にだけ見ていてほしかった。
宇田男に馬鹿にされない大人になりたいと、あのときから私は願い続け、そうして今も同じ強さで願っている。
きっと、ノーベル賞をもらっても億万長者になっても、宇宙旅行をしても女性初の総理大臣になっても、私は同じことを思うだろう。宇田男に馬鹿にされない大人になりたい。
(『三月の招待状』角田光代著 集英社刊 二〇二ページ 四行目~十四行目)


****************

(馬鹿にされた思いが、ぬぐえなくて、許せなくて、怒っていたんだー)

とわかったら、あまりの自分らしさに、肩の力が抜けた。

(愛されたくて)

ではない。
これは、すくわれることなのか? すくいのないことなのか?

ノーベル賞をもらっても… のくだりは、爆笑だった。

そのとおりだ。

馬鹿にされた思いを払拭したくて、撤回してほしくて、独り相撲みたいに書いていた。
文学賞をとっても、本を出しても、けっして満たされることもなく、何を目指しているのかもわからず、永遠に迷子のままだっただろう。角田さんの、この文章に出会っていなかったら。

(愛されなくていい。馬鹿にされたくない)

その気持ちが、だれにも負けない駆動力だった。
と同時に、ブレーキだったと、今わかった。

だって、誰も、馬鹿になどしていない。
この卑屈さが、足枷であり、ブレーキだったんだ。
「愛」のない文章を書くことが。


*    *    *

人は誰でも、ただひとりの人のために、行動する。

ただひとりの人に馬鹿にされたと思いこんで、その思いを払拭したくて、撤回してほしくて、独り相撲みたいに書いている文章より、笑ってほしくて、よろこんでもらいたくて書いている文章のほうが、いいに決まってる。
だれもが読みたいと思うに決まってる。だれもが読んで、幸せな気持ちになるに決まってる。

人は誰でも、人のために、行動する。
だったら、とびきり素敵な笑顔のために。

そんな文章を書いていこう。

浜田えみな


スポンサーサイト



テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

Secret
(非公開コメント受付中)

サバイバルナイフ関する情報。サバイバルナイフの入手法やサバイバルナイフと他のナイフとの違いなどを、初心者にも分かりやすく説明しています。   
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ご連絡はこちらから
鑑定の予約・質問・感想など、お寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

浜田 えみな

Author:浜田 えみな
こんにちは! ブログに来てくださってありがとうございます! H11生まれの長男と、H14生まれの長女の二児の母です。文章を書くことが好きなので、フルタイムで仕事をするかたわら、あれこれ書いています。H26年8月に薦められた短歌にハマり、現在その世界観を模索中です。よろしくお願いします。