FC2ブログ
<<01  2020,02/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  03>>
いちばんかわいいのは誰?
子どもとすごす時間に培われていくものは、
にわかに取り繕えるものではなく、
日々の積み重ねのなかで、育っている。
それはとても正直に。ゆるぎなく。
まっすぐに。


*    *    *

仕事帰りに、乗換駅地下にある大型スーパーで、

(次の快速までに、牛乳とブロッコリーとパンと卵を買う! 急げ!)

と、ダッシュでカートを押していると、保育園カバンを斜め掛けした兄弟が、ちょろちょろと、お母さんのまわりを駆けまわっているのが視えた。
子供たちは、何がおかしいのか、ゲラゲラ笑ってふざけている。お母さんは真剣な顔で、ニコリともしないで品物をカゴに放り込んでいる。
保育園のお迎えの帰りになど、スーパーに寄りたくないに決まっている。買い忘れたものや、どうしても必要なものがあって、やむなく寄ったのだろう。さっさと買ってレジに向かいたいだろうに、二人の保育園児はおおはしゃぎだ。

(わかるわかる)

ふだんなら、保育園からまっすぐおうちに帰るのに、お母さんとスーパーマーケットだ。興奮するに決まっている。明るい店内は、いろんなものがあふれている。

(いろんなもの……)

最短距離で目当てのものを買い求めたいけれど、その方向には、子供たちの目を奪う、ジュースやプリンやお菓子があったりする。だから、乾物だの味噌や醤油だの、子供たちの興味をひきそうにないものの列を選びながら、目的地へ向かう。
そんなにまでして、大きく遠回りしているにもかかわらず、いきなり、新発売のお菓子のワゴンが、ありえない場所に出現!!

(おーまいがー)

(おかあさん、これ何?)
(さわったらダメ。買わないの)
(おかあさん、これ、お菓子?)
(さあ。わからない。ちがうと思う)
(おかあさん、これ、おいしい?)
(子どもが食べたらあかんと思う)
(おかあさん、これ、お菓子やで。おばあちゃんちで食べた)
(ええーーーーっ???)

一人だと、サクサク進む買い物が、ちょろちょろと動く子供たちに阻まれて苦戦しているのを、過去の自分と子どもたちのやりとりを思いだして、なつかしく眺めていると……

そのうち、弟のほう……推定三~四歳……が、かけていた水筒をカメラに見立てて、写真を撮り始めた。バズーカ砲みたいに上手に抱えて、パシャパシャ撮っている。

(ものすごい望遠レンズだ…… プロのカメラマンみたい!)

水筒カメラは、なかなかサマになっている。
ずっと見ているわけにはいかないので、笑い声を背にすると、聞くともなく声が追いかけてきた。

「今度は、おかあさん、撮ってあげる!」

豆腐や厚揚げを撮るのに飽きて、おかあさんにカメラを向けたようだ。
その瞬間。
思いもよらないセリフが聴こえた。

「はい! かわいく撮れた!」

(え!?)

制御不能な反射神経(!)
「かわいく撮れた!」という子供の声を聴いた瞬間、

(そんなにかわいい顔してたっけ?)

わたしは全身で振り向いてしまったのだーーーーーーーーーーーーっ。

子どもの声は、よく通り、まわりを気にしたお母さんが、とっさに顔をあげたので、バッチリと目が合ってしまった(!!)
精肉売り場と豆腐・納豆・おから売り場のスクランブル交差点。目と目がクロス。

気まず……

しかし、頭をさげて、ニッコリ笑うくらいの度量は持ちあわせている浜田。
眉間にシワを寄せて、もくもくと品物をかごに入れていたお母さんの表情が、きまりわるそうにゆるむ。

(かわいい子たちですねぇぇ~)

お母さんの顔は……
かわいさで人目をひくタイプではない、と思う。

でも、「かわいく撮れた!」 ……なんだ。
今はこんな、ぶっちょうづらでカートを押しているお母さんも、子供たちの写真を撮った後は、いつもこんなふうに言うのだろう。
シャッターを押したときの決まり文句なのだろう。
ちがう。決まり文句などではなく、心から、そう思っているのだ。

(いいなあ~)

そういえば、ニコリともしないお母さんのまわりで、子どもたちは、ずっと満面笑顔だった。
お母さんだって、時間に余裕があって、仕事帰りのキリキリ舞のスーパーじゃなかったら、大声で笑い転げている人なのかもしれない。

子どもとすごす時間に培われていくものは、にわかに取り繕えるものではなく、日々の積み重ねのなかで、育っている。それはとても正直に。ゆるぎなく。まっすぐに。

怖い顔でカートを押すお母さんが、どれだけ、子どもたちを愛しているか。
ちっちゃな水筒カメラマンは、このさき、ずっと大人になっても、シャッターを押したあとは、きっと言うだろう。

「パシャ。はい、かわいく撮れた」

それが、母親のあふれんばかりの愛情だと、いつ、気づくだろうか?

*    *    *

さて、わたしはどうなのか? 
結婚しているようにも、子どもがいるようにも、見えないと思う。独身だと言っても異議は唱えられないだろう。
結婚するとは思っていなかったし、子どもを産み育てるとも思わなかった。
それでも、結婚生活は楽しいし、子どもたちはすぐそばにいる。

かわいいものはかわいいし、かわいくないものはかわいくない。

コツメは客観的にはかわいくない。と思うけれど、
いたいけのなさというか、ちんまりとした丸さや、まったく整っていないところが、いじらしくて、はぐはぐむぎゅむぎゅに、かわいいときがある。

一緒に寝ているので、寝顔にちゅー。ほっぺたにむぎゅー。かわいいかわいいと、毎晩つぶやかずにはいられない。重い足を胸に乗せられても、夜中に平手打ちが飛んできても、いつ見ても、布団を蹴りまくっていても、なだれのように転がってこられても。

朝、目が覚めたら、そばに寝顔があって、平和な気持ちになる。
先日、じっと見てたら目を覚ましたので、オハヨーを言って、

「コツメ、かわいいー」

と、ぎゅーしたら、その瞬間、信じられないリターンが。

「おかあさんが、いちばん、かわいい」

(えぇぇぇーーーーーーーーーーーーっ?)

ものすごい、リターンエースだった。やられました。娘にねぎらわれている……

耳を疑い、
それから、
嬉しくなった。

そして……

(わたしだって、小学校六年生まで、母が世界で一番きれいだと、思ってたんだよなー)

実は、わたしは、母とは仲良しこよしではない(笑)
大好きなお母さんが、お母さんじゃなくて、人間であり女性だということを、思春期に、うまく受け入れそこねてしまったからだという気がする。

〈おかあさんが、いちばん、かわいい〉

と言ってくれたコツメにしろ、その気持ちのまま、大人になるわけはないから、これから、どんなふうになるのかを考えると、のんきに喜んではいられない緊迫感がある。

コツメは小さいときから、わたしの母親か、姉のようなところがあるので、このまま、甘やかしてほしいなあと思う(笑)
願わくば、

〈ダメダメだけど、おかあさんは、おかあさん〉

くらいに、思って赦してくれないだろうか。いちばんかわいくなくていいから(笑)

*    *    *

しかめっつらのお母さんを、水筒カメラで笑顔に変えてしまう保育園児も、いつのまにか、母親の心のツボを心得ているコツメも、百発百中人生まっしぐらのリクトも、子どもたちは誰だって、先に生まれている家族を助ける使命をもって、生まれてきた。

生まれてきてくれて、ありがとう。

最後に生まれたコツメは、実は、いちばんすごいのだ。大活躍。これからも、よろしく頼みます。
コツメのことを助けてくれる人との出逢いは、みんなで応援しています。
おとうさんもおかあさんも。おじいちゃんもおばあちゃんも。おにいちゃんもきっと。

浜田えみな

スポンサーサイト



テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ご連絡はこちらから
鑑定の予約・質問・感想など、お寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

浜田 えみな

Author:浜田 えみな
こんにちは! ブログに来てくださってありがとうございます! H11生まれの長男と、H14生まれの長女の二児の母です。文章を書くことが好きなので、フルタイムで仕事をするかたわら、あれこれ書いています。H26年8月に薦められた短歌にハマり、現在その世界観を模索中です。よろしくお願いします。