FC2ブログ
<<01  2020,02/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  03>>
いっしょに赤飯!?(1)
まるで、いっしょに植えた種が、
土の下から、むくむくと芽をもたげようとして、
ちょっとだけ
顔をのぞかせた白緑色の輝きを発見したみたいに、
嬉しそうに、自慢そうに、ニコニコと


*    *    *

「おかあさん、おかあさん、ちょっと、けぇはえてきた」  ひゃはははは。

と、とても、うれしそうに見せに来た。
(うれしいんやー)
と思ったのが、第一声。
(えええっっっ)
と思ったのが、第二声。

けぇって言った? 今?

「ちょ、ちょっと、見せて」(狼狽)
「いやー」
(いやーって、見せに来たんちゃうの!)

お風呂あがりの、まだ湯気の立つ体をよじって逃げていく。
はずかしがるのを追いかけて、どれどれー と思ってみるけど、どこにもそんな徴候はない。

「え? どれ?」
「これ……」
「えええっ? 明るいところに来な見えへん。こっちおいで」
「ややあ」
「あかん、ほら」

と、廊下の暗がりから、ちょっと明るいところに連れ出して、よくよく顔を近づけて目をこらしたけど、

(どこ?)

よーくよーく見たら、産毛?よりもまだ薄い体毛のようなものが、あるといえばあるし、ないといえばない。
鼻の下の産毛のほうが、よっぽどしっかり生えている。
何も言われなければ(言われても)、まったく気づかないけれど、コツメが「あっ」と思ったのだから、いつもとはちがう光景なのだろう。

それは、ふよふよとして、うっすらともしていなくて、細くて薄くて、影よりも薄かったけど、それでも、コツメは (!)って思ったのだ。

思って、すぐ言いにきたのか、昨日、オフロで洗うときに気づいて、今日、もう一回たしかめて、やっぱりあるから、(わー)って思って、どきどきしたから来たのか、それはわからない。

でも、その変化を、(やだなあ)とか、うしろめたいことのように思って、自分の中に隠さないで、すごく嬉しいことがあったみたいに、わたしに教えてくれたことを、本当に嬉しいと思う。

意識して子どもと関わってきたわけではないし、いい母親とは言い難いのに、こんなに素直に育ってくれて本当に感謝する。

まるで、いっしょに植えた種が、土の下から、むくむくと芽をもたげようとして、ちょっとだけ顔をのぞかせた白緑色の輝きを発見したみたいに、嬉しそうに、自慢そうに、ニコニコと教えてくれた顔が印象的だ。

まだ四年生だから、発育としては早いと思うし、親としては、びっくりするけれど、コツメ自身が、恥ずかしいことじゃない、悪いことじゃないと、成長する自分のからだを明るく受け止めている。そのことに逆に教えられた。

これから、そう遠くもない日に、生理も始まるだろう。
一生に一度しかない、その前後の気持ちをどう包んでやるかは、その子の女性性を左右する大きなことだと思う。

(わー。自信がない(汗))

コツメが戻ってきた。

「おとうさんに言ったらあかんで」
(あ。ナイショなんや)
「うん」

いったん、向こうに行ったあとで、また戻ってきた。マンガみたいだ(笑)
ニコニコしながら顔をのぞかせて、

「おばあちゃんにも、言ったらあかんで」
(そうなんや)
「うん」
「じゃっ」

おかあさんとコツメの秘密。

(うわー すげー)

嬉し― ひみつひみつ。
おとうさんにも、おばあちゃんにも、言わないよ!

(ブログに書いてますけど)

浜田えみな(つづく)

後半は、ここから展開する「不惑のアダージョ」編です。映画 観た人いますか? 
スポンサーサイト



テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ご連絡はこちらから
鑑定の予約・質問・感想など、お寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

浜田 えみな

Author:浜田 えみな
こんにちは! ブログに来てくださってありがとうございます! H11生まれの長男と、H14生まれの長女の二児の母です。文章を書くことが好きなので、フルタイムで仕事をするかたわら、あれこれ書いています。H26年8月に薦められた短歌にハマり、現在その世界観を模索中です。よろしくお願いします。