FC2ブログ
<<03  2020,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
母三昧について
「名前のことだま」のカテゴリがつづいたので、
このあたりで、ほかのカテゴリについても記述を
進めていきたいと思います!
まずは、「母三昧」

プロフィールで書いたように、H11年生まれの
長男リクトと、H14年生まれの長女コツメの二児の
母です。
当時としては、結婚も出産も遅かったわたしは、
産後、半年ほど育児休業を取り、子どもは保育園に
預けて、仕事に復帰しました。

子どもが生まれて……

家事も育児も得意ではないけど、文章を書くことが
好きだったので、
子どもたちとの日々を、
いっぱいいっぱい書き残そう!
アルバムを残すように、いろんなシーンを
イキイキと書き残してやろう!
それが、私が母親としてできることだって
強く思っていました。


ところがー
実際は、ぜんぜんダメでした。


そんななかで、この十年間に残してあるものを
すこしずつ、めくっていきたいと思います。


第一弾は、平成12年1月3日(9年前!!)
 
初めての育児で、産後は、おっぱいがぜんぜん出なくて
ほとんど「おっぱいノイローゼ」だった新米ハハ。
リクトの「おっぱい足りないコール」に、元気ナシナシの
日々でしたが、なんとか、乳腺がひらき、
おなかいっぱいにしてやれる量を出せるようになったことは、
至福の喜びでした。
(今思えば、なんでそんなことにこだわっていたのだろう?
と、ばかばかしく思うけど)

初めて寝がえりをしたリクトをみつめる、パパとママの
お正月のシーンです。

仕事への復帰を4月に控えて、気持ちのゆとりが
なくなるであろう不安が如実に出ていて
今、読み返すと、ツッコミ入れまくりですけど

それでも、書きのこしていて、本当によかった!
と思えるたいせつな原点です。

わたしこそ、

「思いだせ!」 デス。

------------------------------

リクトへ

おっぱいをごくごく飲んで
おなかがいっぱいになって満足して
自分から離した小さなくちびるから
「うぇ~」とか、「ほー」とか
やすらかでやわらかな音をもらす

うれしい! 満腹のサイン

横抱きにしていた体を支えなおし
膝の上で正面を向かせて
顔と顔をつきあわせる

「おなかいっぱい?」
瞳をのぞきこむと
満足でとろけそうな二重まぶたを
長い睫毛でおしあげながら
大きな瞳を、いっぱいにひらく


まだ少し不安定さの残る頭をゆらし
スローモーションでほどけていく結び目のように
くちびるの端が 上がる

ほっぺたの肉が
きゅうくつそうに 押しあげられる

それはそれは、嬉しそうに


ついさっきまで、言葉も耳に入らないほど
泣きさけんでいたのにねぇ


にらめっこは、いつもリクの負け
ぴょいぴょい膝を曲げて
からだ全部で 笑ってしまうから

でも、ほんとはお母さんの負け

だって、お母さんはもう
心のかたちが、とけだしてしみだして
いつだってあふれてる

指の先からも 膝の上からも
おっぱいからも まなざしからも 


いとおしくてたまらない
リクト

小さなからだじゅうのパワーを
全部あつめて
だれより強い力で
まっすぐ お母さんの顔をみつめてくる


負けないように
がんばって見つめかえしているけれど
その無邪気な瞳に

(私があなたの母親でいいのかなあ)と
いつもドギマギしています


私を、試すことも図ることもしない
素直な素直な瞳


心の底からいとおしいリクト
何をしても「すごい」リクト

笑っても、さわっても
破いても、つかんでも
おしっこしても、うんこしても
「すごい」リクト


そのしぐさの一つ一つを
追いかけて見まもって
ほめて騒いで抱きあげて


止めることも叱ることもない

ただ、応援してる


でも、そのうちに私はあなたに
してはいけないと 言わなくてはならなくなる

これはダメだと 止めなければいけなくなる

どうしてそんなことをするの? と
非難するかもしれない


覚えていてね、リクト
どんなにあなたが愛されているか
暖かなまなざしだけで 包まれていたか


かけがえのないリクト
今日 初めて寝がえりできたね


お父さんとお母さんの見ている前で
あたたかい日ざしのさしこむリビングで
白いスムースキルトの肌着のままで


おむつを替えおわって
あっというまに、反転していたね

びっくりして、思わず顔を見あわせる
お父さんとお母さんの前で

リクトは、

「まるでこんなこと、ずっと前からできていたよ」ってそぶりで、
はらばいの胸を しっかりと張って
頭をあげて 得意そうだった


「がんばったねー、リクト!」

いつも、こんなふうに声をかけてきたよ


「がんばったね、がんばったね」

小さな肩を だきしめてきたよ


寝がえりできたリクトのがんばりに
お母さんも、あなたのことを書きのこしておこう


やさしい気持ちだけで リクトを見ている
今の 今の お母さんの気持ちを


もしも、この気持ちを 忘れてしまっても
いつでも思いだせるように

                (H12.1.3)

         (ゆ)のことだまセラピスト

スポンサーサイト



テーマ : ママのひとりごと。
ジャンル : 育児

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ご連絡はこちらから
鑑定の予約・質問・感想など、お寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

浜田 えみな

Author:浜田 えみな
こんにちは! ブログに来てくださってありがとうございます! H11生まれの長男と、H14生まれの長女の二児の母です。文章を書くことが好きなので、フルタイムで仕事をするかたわら、あれこれ書いています。H26年8月に薦められた短歌にハマり、現在その世界観を模索中です。よろしくお願いします。