FC2ブログ
<<03  2020,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
TAKAKOさんの「グラスルーエセラピーモニター体験」
CIMG6867_convert_20130707091229.jpg ← クリックで拡大

自分の心の中は見えない。
言葉にできないものもある。
言葉にしないものもある。

そんなモヤモヤふよふよしているものや、
奥底に隠れて表には出てこないようなものも、
グラスキューブは映し出してくれる。

かたちもぜんぶ違う。
光を集めて、きらきらだ。
手でさわると、、まるっこくて、なじむ。
さわっているだけで、癒される。

最初に呼びかけてくるのは、どれ?


*    *    *

「グラスルーエセラピーモニター」を体験してきました!
12個のグラスキューブをクリアなガラストレーの上に置くことで見えてくるものは?

セラピストはTAKAKOさん。

中島佑樹さんのフォト&コーチングの笑顔写真でお名前をお見かけしたときに、どこかで見た人だ! と思って、つながりを調べてみると、吉井春樹さん が主宰するフェイスブックのグループ「コトトレのたまり場」のメンバーだとわかりました。

去年、わたしが受講したコトトレ講座の二期生のかたでもあり、勝手に親近感を持っていたところ(笑)、「グラスルーエ体験モニター募集」のことを知り、ぜひお会いしたくて、申込みました。

グラスキューブが素敵だったし、今の自分の気持ちがどんなものなのか、知りたかったからです。
自分で選ぶ「都合のいい言葉」じゃなく、自分以外の誰かに、「ほんとうのこと」をガツンと言ってもらいたかったんです。

ところが。

「グラスルーエセラピー」は、

〈占いではない〉 (TAKAKOさん談)

ので、「ガツン」と言ってもらえませんでした(あらら)
自分で気づかなくちゃならないんですよぉぉ(ひょえ~)

心細くなったわたしに、TAKAKOさんは、とっても素敵な言葉をくださいました(^^)

セッションを受けようと考えているかたもいらっしゃると思いますので、ネタバレ部分は書かないつもりですが、ここから先は、読むかどうかご注意ください。
ただ、実際のセッションでは、どんなキューブをどんなふうに置くかは、

「もうそれ以外はありえない、圧倒的な強さでわかる」

ので、影響されることはないと思いますが。

*    *    *

CIMG6867_convert_20130707091229.jpg ←クリックで拡大

「……やりたいことが、いっぱいあるんですねぇぇ……」
TAKAKOさんの第一声はそれだった。

(は?)

目の前に並んだキューブを見る。
いろんな色が、きらきら。ぎっしりうまっている。はしからはしまで。

(このカラフルさが、わたしの“やりたいこと?”)

*    *    *

「好きなように置いてください」

と言われた。
どんなふうに置いてもいいそうだ。

(何を一番に置くか、関係があるのだろうか?)

どきどきする。
たくさんのキューブたち。
最初に呼びかけてくるのは、どれ?

かたちもぜんぶ違う。光を集めて、きらきらだ。
手でさわると、、まるっこくて、なじむ。

さわっているだけで、癒される。

最初に置いたのは、ピンク。次に赤。そして、グリーン。
そして、コーラル。
なんともいえない素敵な色だと思った。

レモンイエロー。
クリア。
オレンジ。
クリア。
バイオレット。
グリーン。
ロイヤルブルー。
マゼンタ。

残りが三つになった。さて。

レッド。
スカイブルー。

最後のひとつは……。

クリア。

というわけで、完成!!

「しっくりこなかったら、何度でも置き換えていいですよ」

と言ってくださったので、勢揃いしたキューブたちと、残りのキューブを眺めてみる。

違和感はないので、決定!

「これで、大丈夫です」

CIMG6867_convert_20130707091229.jpg

で、言われた言葉が

「やりたいこと、たくさんあるんですねぇぇ~」

(笑)

「そう言われたら……そうかもしれません」

厳密に言えば、何かやることが決まっているわけではなかった。
誘われるままに、いろんな講座を受講していた昨年とちがって、今年は何もやっていない。
今までやってきたことは、すべて放棄したい気持ちだった。

やるなら、新しいことを。
何かできそうなことがあれば、機会があれば、いつでもチャレンジしたいような、自分の可能性を試したいような、そんなワクワク感。


そういう意味で、どんなことでもやれるという予感はあったけれど、なんの形にもなっていない期待や希望。
だからこそ、制限するものもなく、プレッシャーも全くないのだった。

(それが、この、カラフルなキューブたちなのだろうか?)

「どの色が気になりますか?」

どれだろうか?
あらためて、トレーの上の15個のきれいなキューブをじっくり見る。
一番、惹かれるものはどれだろう?

「これです」

レモンイエローのキューブを指さした。

「好奇心、ですね」
「……」
「好奇心で動いていく感じです」
「たしかに、そうです!」

アンテナは好奇心だ。
でも、わたしには、もう一つ、決めていることがあった。

(内面の充実)

内に向かう力を高めたい。深めたい。
自分が本当に地に足をつけるための軸づくり。
そのために必要なことがなんなのか。

それは「悩み」でもあったけれど、その答えは、天川村と、そのあとで受けた禅タロットのセッションで既に受け取っていた。

(外に向かって動くことで使ったエネルギーが、自分の満足感や充実感に、ちっとも役立っていない)

そのむなしさを、さっさと認めて手放す時だった。
禅タロットの先生に言っていただいたのは、

「ありのままでいいと認めていく。今のままでいいとくつろぐと、何か大きなものと結びつくというプロセスを感じなさい」


という言葉だった。
自分でも痛感していたので、外に動くことは、今はやめようと思っていた。
それで、そのことと、キューブに現れている矛盾を貴子さんに伝えると、

「そういうキューブの組み合わせが二か所に出ています」

と、教えてくださった。
やりたいことはたくさんあるけれど、「休みたい」というサインも出ているので、どういう意味だろう?と思っていたとのこと。

「ほかに、気になることはありますか?」
「これが気になっています」

それは、ロイヤルブルーのキューブだった。
15個置いたキューブの中で、それだけが色濃く、重い。透過性が少なく、明度が低い。
ほかのキューブは、透明感があふれて、光をたくさん通しているのに。

(なぜ、この色をここに置いたのだろう?)

だけど、どうしても、その色は、その場所に必要だった。
錨のように重く打ち込まれたロイヤルブルー。

(意味があるのだろうか?)

「やりたいことがたくさん」出ているカラフルなキューブたち。
だけど、わたしが「やりたいと思っていること」は、地に足がついたことではなく、「「ちょっとやってみたいこと」だったり、「新しい体験」という、これから訪れる「可能性」だ。
具体的なものじゃないし、自分が今までやってきたことにも結びつかないもの。

(それは、逃避じゃないのか?)
(プレッシャーのかからない気楽なことで、本当に自分が向かわなければならないものを先送りにしているのではないのか?)


そのことをTAKAKOさんに伝えると、

「そんなふうに、(ちょっと待てよ)と思っている気持ちが、これなんです」

と、ロイヤルブルーのキューブを示された。

(えーーーーーーーーーっ)

*    *    *

トレイの位置。
キューブの色。

グラスルーエセラピーが体系化されたときに、意味づけられていることは、きっとたくさんあるのだと思う。
グラスルーエセラピーは、とっても深いとおっしゃっていた。

たぶん、ひとつひとつ、テキストどおりに説明してくださることもできるのだろう。
だけど、そういうことは、なさらなかった。(聞きたかったけど!!!)

クライアントがどんなふうに感じるか、何を気づくかが、大切なのだそうだ。

色に限らず、言葉でもそうだけど、一般的に決められていることと、個人的な想いは全く別だ。
ほとんどの人が安らぎや心地よさを感じるものでも、ある人にとっては、とても悲しい思い出とつながっているかもしれない。
TAKAKOさんは、その気持ちを大切に扱ってくださる。

だから、キューブを見て「感じること」を、まずありのままに伝える。

その上で、その想いが、あまりにも凝り固まっているものなら、やわらかくほぐれるように。
動けずにしりごみしているものなら、自由に羽を広げられるように。
TAKAKOさんは言葉かけをしてくださる。
まるで魔法のように。


TAKAKOさんは、ものすごくキレイかわいい女性で、お話しているだけでうっとり。

そして、「ぽーん」と投げてくる言葉が、けっこう、カラっとしているので、ぐじぐじ考えていることも、なんだかもう、「ま。いっか」という、愉快な気持ちになってしまう。

わたしがTAKAKOさんからいただいた素敵な魔法の言葉は、最後に書くとして(笑)

せっかく、心模様がガラストレーに映し出され、まずは「自分でどんなふうに思うか」と提言されたので、浜田分析をしてみる。

*    *    *

選んでいる時は、深く考えないようにして、直感で置いていったけれど、あらためてトレーを見ながら、感じること……

まず、グラスキューブの色について。

ピンクは、かわいらしさ。
赤は、情熱
緑は、癒し
コーラルは、母性、女性性
レモンイエローは、子どもの心、無邪気さ
クリアは、浄化
オレンジは、才能、宝物
バイオレットは、スピリチュアル
ロイヤルブルーは、規律、鎮静、ポリシー
スカイブルーは、夢、翼


こんなふうな想いがある。

そして、透過性の高いほど、夢や希望など形のないものを表し、透過性の低いものは現実に形となるものや、信念、軸となるものを表すように感じる。

だから、わたしが置いた多くのカラフルなグラスキューブは、自分軸とはつながらない楽しみや喜びのようなもので、ただ一つだけ置いたロイヤルブルーが、忘れてはならないと感じている自分の信念のありかたに思えた。

置かれたグラスキューブのほとんどが、明るくキラキラしているのは、実際の行動を伴わない、期待や予感だから。

ことだまの母音でいうと、「あ」や「い」の心の部分。新しい始まりとやる気だ。
「え」と「お」は現実の部分で、行動と実現となる。
「う」はそれらをつなぐもので、受け入れて生み出す力と、計画性。

(なるほどなあ)

と思う。
今年、わたしの運気は「ら行」なので、自分革命の年だ。

「なんでもやっていいんだ!」という気持ちで臨んでいる。
「すべてを清算してもいい」とも思っている。
どんなことでもウェルカムだ。


ただし、今までの軸とは結びついていないし、継続するとも限らない。
お試し体験でなんでもやれるチケットを手にしているようなものだった。
そんな気持ちが、よく出ていると思った。

いっぱいにふくらんで舞い上がるバルーンたち。
そして、一つだけある重鎮な印象のグラスキューブ。


これが、「期間限定ですよ」というアラームであり、帰りつく場所を知らせる道しるべであり、空いっぱいに放たれたバルーンにつけられた紐が結ばれた重石なのだと思う。
このグラスキューブがある限り、「わたしはわたし」として、なにかしら答えをみつけて還りたいと思っていることがわかるし、まだ手放せないのだと受け取ることもできる。

どちらにしても、「ロイヤルブルー」が(グラスルーエ的な意味はわからないけれど)、わたしの本質なのかなあと思う。

透過性の低いグラスキューブは、この色のほかに、濃いブラウンと濃いグリーンがあった。この色は、わたしが一つも選ばなかった色だ。

(なぜ、置きたい気持ちにならなかったのだろう?)

TAKAKOさんに伺うと、濃い色ばかりを置く人もいらっしゃるそうだ。
そういえば、何かでアップされていた吉井春樹さんが置かれたグラスキューブは、濃いブラウンばっかりで、(へぇぇ~)と思った記憶がある。

今、「地に足をつける意識」、「土台を築いている意識」、「軸を強固にする意識」が高いのかなあと……、自分のグラスキューブと比較して、思う。
(グラスルーエ的にどうリーディングするのかは別として)

で。
いつものわたしには似つかわしくないような、キラキラのキューブを見て思うことは、

(こんな浮ついてて、いいのだろうか?)

という自戒。
たくさんのカラフルキューブより、一つしかないロイヤルブルーに注意を向けそうになるわたしに、TAKAKOさんは、

「楽しそうだから、いいんじゃないですか」

と、さばさばっと言って、笑ってくれた。
そのひとことで、わたしの心も、(ま、いっか)と思え、

(楽しそうだから、いいんだ!)

と、キラキラ輝いてきた。
期間限定でもなんでもいい。還りつく場所がなければ遊べない小心者だけど、

(楽しそうだから、いいんだ!)

というわけで、30分のモニター体験は、キラキラ楽しく夢いっぱいに終了した。
あっというまだった。

自分の体験が終わってから、TAKAKOさんのブログでアップされる他のモニターさんの画像を見ていると、たしかに、全部に置いている人は少なかった(笑)

グラスルーエで映し出す焦点が、「悩み」や「問題」だからだと思う。
わたしの場合は、セッションの時に抱えていた悩みや問題はなかったので、「今の心の状態」を置いた。
だから、全面いっぱい、心のすみずみまで、たくさんの色で表現された。

自分の心の中は見えない。
言葉にできないものもある。
言葉にしないものもある。

そんなモヤモヤふよふよしているものや、奥底に隠れて表には出てこないようなものも、グラスキューブは映し出してくれる。


すごいなあと思った。それに、

さわっているだけで癒される。

かたちもいろいろ違うので、光の透り方もちがう。置いた向きもさまざまだ。
同じ置き方は二度とできない。

6月22日13時15分ごろの浜田の心。
心の中を占めていた、さまざまな気持ち。

CIMG6867_convert_20130707091229.jpg

きれいなグラスキューブにさわらせてもらって、こんなふうに見せていただけて、とても嬉しい。
そして、浜田のこれからを「楽しい」ものに変えてくれたTAKAKOさんの言葉。

(楽しそうだから、いい!)

無敵な気持ちです!
ありがとうございました。あと半年間、何ができるか、本当にワクワクする。

アンテナは、イエローキューブ。

*    *    *

これから先、悩みや問題にぶつかったら、グラスルーエで心の中を見てみたい。
そして、TAKAKOさんから、世界を転換し、新しい展開が始まる言葉を投げかけてもらいたい。

モニター まだまだ募集中だそうです。→ ★★★
とてもきれいなキューブと、TAKAKOさんの言葉にふれてください。

7月19日には、お友だちとイベントもされるそうです。→ ★★★



スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ご連絡はこちらから
鑑定の予約・質問・感想など、お寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

浜田 えみな

Author:浜田 えみな
こんにちは! ブログに来てくださってありがとうございます! H11生まれの長男と、H14生まれの長女の二児の母です。文章を書くことが好きなので、フルタイムで仕事をするかたわら、あれこれ書いています。H26年8月に薦められた短歌にハマり、現在その世界観を模索中です。よろしくお願いします。