FC2ブログ
<<08  2019,09/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
原画
CIMG6781_convert_20150807215235.jpg  ← クリックで拡大

自分にとって
「絶対」と思うことって、
人それぞれ、違うのです。



*    *    *

ちょっとつぶやきます。

私は原画主義です。

原画こそがホンモノだと思っています。
原画を観たいから美術館に行きます。
印刷されたものの色は、原画の色とは全くちがいます。
そのことに気づいてから、ポストカードも図録も買えなくなりました。
展示室の出口の次に必ずあるお土産売り場は、ほとんど目をつぶって通り抜けます。
今、観てきたばかりの原画の色が、印刷物の色に上書きされてしまうことが、とても、モッタイナイ。そう思うからです。

作家さんにとっても、「原画」は特別なのだと思っていました。

ところが。
ある作品展に行ったとき、作家さんご自身が、

「私にとって、原画にはそんなに価値がないというか、途中段階というか……」

とおっしゃっていたのを耳にしたのです。
そのかたにとっては、印刷され、製品になったものが完成形だというのです。
原画の色ではなく、印刷された色が、ホンモノなのだと。
そのかたが、商業的なイラストレーターさんだったからかもしれません。
依頼を受けて描いた絵は、本の表紙になったり、ジャケットになったり、パッケージデザインになったりしますが、それらは必ず印刷されていて、製品の発色やサイズこそが、多くの人の目にふれ、存在しています。

そう言われてよくみれば、原画には修正の跡があり、マンガの原稿みたいにホワイトだらけ。
実物は、とっても小さい作品だったり、ひとつずつ描かれた作品だったりします。
それがスキャナで読みこまれ、組み合わされ、原画だけでは持ちえない息吹が吹きこまれ、製品として命を与えられて躍動するのです。

そうか。
そういう考え方もあるのです。
自分にとって「絶対」と思うことって、人それぞれ、違うのです。

でも、わたしは原画が好き。

浜田えみな
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ご連絡はこちらから
鑑定の予約・質問・感想など、お寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

浜田 えみな

Author:浜田 えみな
こんにちは! ブログに来てくださってありがとうございます! H11生まれの長男と、H14生まれの長女の二児の母です。文章を書くことが好きなので、フルタイムで仕事をするかたわら、あれこれ書いています。H26年8月に薦められた短歌にハマり、現在その世界観を模索中です。よろしくお願いします。